日本語

AdjustConfigクラス

AdjustConfigクラスを使って、Adjust SDKで使用される設定を保存できます。

重要:
Adjust SDKを初期化する前に AdjustConfig クラスを設定する必要があります。これは、SDKが実行時にこのクラスからプロパティをコピーするためです。

機能

AdjustConfigクラスを使用してSDKを設定する

重要:
このメソッドを呼び出してSDKを設定してください。

SDKを設定するには、アプリに関する情報をConfigオブジェクトに渡す必要があります。アプリトークン、環境、ログレベルを指定する必要があります。

AdjustConfig (Context context, String appToken, String environment, boolean allowSuppressLogLevel)
Java
Javascript
String appToken = "{YourAppToken}";
String environment = AdjustConfig.ENVIRONMENT_SANDBOX;
AdjustConfig config = new AdjustConfig(this, appToken, environment, true);

パラメーター

イベントのバッファリングを有効化する

アプリで多くのイベントをトリガーする場合は、イベントのバッファリングを有効化することをお勧めします。イベントのバッファリングにより、イベントの送信をずらすことができます。有効にすると、Adjust SDKではリアルタイムではなく1分に1回イベントを送信します。Adjust SDKがイベントをAdjustバックエンドに送信するまで、バッファにイベントが保持されます。

void setEventBufferingEnabled (Boolean eventBufferingEnabled)
Java
Javascript
adjustConfig.setEventBufferingEnabled(true);

バックグラウンドでのデータ送信を有効化する

デフォルトでは、アプリがフォアグラウンドで開かれているときに限り、Adjust SDKはイベント情報を送信します。アプリがバックグラウンドで動作しているときに、SDKからイベントを送信できます。

void setSendInBackground (boolean sendInBackground)
Java
Javascript
adjustConfig.setSendInBackground(true);

ログレベルを変更する

Adjust SDKから受け取るログの取得レベルを変更するには、logLevelプロパティを変更します。一部のログレベルは、サンドボックス環境でアプリケーションを実行している場合にのみ利用できます。

void setLogLevel (LogLevel logLevel)
Java
Javascript
adjustConfig.setLogLevel(LogLevel.WARN);

パラメーター

カスタムプロセス名を設定する

マルチプロセスアプリを構築している場合、Configオブジェクトでメインのプロセス名を設定する必要があります。

void setProcessName (String processName)
Java
AdjustConfig.setProcessName("com.example.myapp:YourMainProcessName");

デフォルトトラッカーを設定する

アプリのデフォルトトラッカーを設定できます。Adjust SDKでは、その他に読み取るトラッカー情報がない場合に、このトラッカーを使用します。

void setDefaultTracker (String defaultTracker)
Java
Javascript
AdjustConfig adjustConfig = new AdjustConfig(appToken, environment);

パラメーター

アトリビューションリスナーを設定する

流入元のアトリビューションの更新通知をアプリが受けるために、デリゲートコールバックを登録することができます。アトリビューションには複数の流入元が紐づく可能性があるため、この情報は同時に送ることができません。

void setOnAttributionChangedListener (OnAttributionChangedListener onAttributionChangedListener)
Java
Javascript
config.setOnAttributionChangedListener(newOnAttributionChangedListener() {
    @Override
    public void onAttributionChanged(AdjustAttribution attribution) {}
});

デバイスが認識されているかどうかを設定する

Configインスタンスでデバイスがすでに認識されているかどうかを指定できます。

void setDeviceKnown (boolean deviceKnown)
Java
Javascript
AdjustConfig.setDeviceKnown(true);

event tracking success delegateを設定する

デリゲートコールバックを登録して、イベントが正常にトラッキングされた旨の通知を受け取ることができます。

void setOnEventTrackingSucceededListener (OnEventTrackingSucceededListener onEventTrackingSucceededListener)
Java
Javascript
config.setOnEventTrackingSucceededListener(newOnEventTrackingSucceededListener() {
    @Override
    public void onFinishedEventTrackingSucceeded(AdjustEventSuccess eventSuccessResponseData) {
        // ...
    }
});

event tracking failure delegateを設定する

デリゲートコールバックを登録して、イベントのトラッキングに失敗した旨の通知を受け取ることができます。

void setOnEventTrackingFailedListener (OnEventTrackingFailedListener onEventTrackingFailedListener)
Java
Javascript
config.setOnEventTrackingFailedListener(newOnEventTrackingFailedListener() {
    @Override
    public void onFinishedEventTrackingFailed(AdjustEventFailure eventFailureResponseData) {
        // ...
    }
});

session tracking success delegateを設定する

デリゲートコールバックを登録して、セッションのトラッキングに成功した旨の通知を受け取ることができます。

void setOnSessionTrackingSucceededListener (OnSessionTrackingSucceededListener onSessionTrackingSucceededListener)
Java
Javascript
config.setOnSessionTrackingSucceededListener(newOnSessionTrackingSucceededListener() {
    @Override
    public void onFinishedSessionTrackingSucceeded(AdjustSessionSuccess sessionSuccessResponseData) {
        // ...
    }
});

session tracking failure delegateを設定する

デリゲートコールバックを登録して、セッションのトラッキングに失敗した旨の通知を受け取ることができます。

void setOnSessionTrackingFailedListener (OnSessionTrackingFailedListener onSessionTrackingFailedListener)
Java
Javascript
config.setOnSessionTrackingFailedListener(newOnSessionTrackingFailedListener() {
    @Override
    public void onFinishedSessionTrackingFailed(AdjustSessionFailure sessionFailureResponseData) {
        // ...
    }
});

ディープリンクのレスポンスリスナーを設定する

ディープリンク情報に応答するためのリスナーを設定できます。このリスナーはboolean値を返します。値は、ユーザーがディープリンクを開いた時にアクティビティを起動するかどうかを示しています。詳細はディープリンクガイドをご覧ください。

void setOnDeeplinkResponseListener (OnDeeplinkResponseListener onDeeplinkResponseListener)
Java
Javascript
config.setOnDeeplinkResponseListener(newOnDeeplinkResponseListener() {
    @Override
    public boolean launchReceivedDeeplink(Uri deeplink) {
        // ...
        if (shouldAdjustSdkLaunchTheDeeplink(deeplink)) {
            return true;
        } else {
            return false;
        }
    }
});

SDKの起動を遅らせる

一部の情報は、アプリが起動するまで入手できない場合があります。データが利用可能になるまで待つ必要がある場合は、SDKの初回起動を遅らせることができます。起動を遅らせる秒数を指定することも可能です。

重要:
この遅延は、ユーザーが初めてアプリを開いた後のセッションにのみ適用されます。このセッションの後は、アプリの起動時に遅延なしでSDKが初期化されるようになります。
void setDelayStart (double delayStart)
Java
Javascript
adjustConfig.setDelayStart(5.5);

パラメーター

外部デバイスIDを設定する

外部デバイスIDは、デバイスまたはユーザーに割り当てることができるカスタム値です。デバイスIDが変わっても、複数のセッションやインストールを横断してユーザーを認識したい場合に使用できます。

void setExternalDeviceId (String externalDeviceId)
Java
Javascript
adjustConfig.setExternalDeviceId("{YourExternalDeviceId}")

プリインストールトラッキングを有効化/無効化する

Adjust SDKを使用して、出荷直後のユーザーのデバイスにアプリがプリインストールされているかを確認できます。最も有効な方法は、システムペイロードを使用することです。これを行うには、Configオブジェクトでこの機能を有効化してください。

void setPreinstallTrackingEnabled (boolean preinstallTrackingEnabled)
Java
Javascript
adjustConfig.setPreinstallTrackingEnabled(true);

アトリビューション時にコストデータの送信を要求する

Adjust SDKでは、アトリビューションの一部としてコストデータを送信する必要があるかどうかを指定できます。

void setNeedsCost (boolean needsCost)
Java
Javascript
adjustConfig.setNeedsCost(true);

データレジデンシーを設定する

Adjust SDKでは、URL戦略設定を使用して地域のエンドポイントに優先順位付けができます。この設定は、データレジデンシー機能を利用している場合に使用できます。

void setUrlStrategy (String urlStrategy)
Java
Javascript
adjustConfig.setUrlStrategy(AdjustConfig.DATA_RESIDENCY_EU);

パラメーター