日本語

Amazon S3へのCSVアップロード

ユーザーのローデータは、AdjustのCSVアップロード機能を使ってアマゾンウェブサービス(AWS)S3バケットに自動的にエクスポートすることができます。AWS マネジメントコンソールとAdjust管理画面を設定するには、下記の手順を実行してください。

エクスポートが完了すると、ストレージバケットにCSVアップロードが一時間ごとに送信されます。このローデータを使用して、独自のデータベースを構築し、必要に応じてユーザーを分析することができます。

AWS マネジメントコンソールのプロジェクト設定方法

  1. データエクスポート専用のS3バケットを作成します。
    後でポリシーを作成してAdjust管理画面にバケットを追加するために、バケット名を記録しておいてください。
  2. 新しいIAMユーザーを作成します。このIAMユーザーは、データのエクスポート用に作成したS3バケットへのアクセスにのみ使用してください。このユーザーに programmatic access​ を共有してください。
  3. 新しく作成したIAMユーザーのAccess Key IDとSecret Access Keyをコピーします。後でAdjustのダッシュボードにバケットを追加するため、このIDは安全な場所に保管してください。
  4. 先ほど作成したIAMユーザーにinline policyを埋め込みます。
    1. 「To embed an inline policy for a user group (console)」の項目の指示に従ってください。
    2. JSONタブを選択してポリシーを作成し、以下のJSONコードを貼り付けます。
{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Effect": "Allow",
      "Action": ["s3:GetBucketLocation", "s3:ListBucket"],
      "Resource": ["arn:aws:s3:::YOUR-BUCKET-NAME-HERE"]
    },
    {
      "Effect": "Allow",
      "Action": ["s3:PutObject"],
      "Resource": ["arn:aws:s3:::YOUR-BUCKET-NAME-HERE/*"]
    }
  ]
}
重要:
YOUR-BUCKET-NAME-HEREをバケット名に置き換えてください。

Adjustでデータ転送を設定

S3バケットとIAMユーザーの作成が完了したら、Adjust管理画面でデータのエクスポートを設定します。

  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. その他の設定(All Settings)>ローデータエクスポート(Raw Data Export)>CSVアップロード(CSV Upload)​ の順に選択します。
  3. トグルを ON​ に切り替えます。
  4. ドロップダウンメニューから Amazon S3 バケット​ を選択します。
  5. ユーザーアカウントのアクセスキー ID (Access Key ID) 、シークレットアクセスキー (Secret Access Key) 、バケット名をコピーします。
  6. エクスポートするイベントを選択してください(Select Events for Export)​ を開き、AdjustがAWSに送信するイベントを選択し、 OK​ を選択します。
  7. CSVの定義を入力します。
  8. 保存(SAVE)​ をクリックします。

上記の手順が完了したら、Adjustは1時間ごとにCSVデータファイルをAmazon S3バケットに転送します。エクスポートに含まれるデータを変更するために、いつでもエクスポート用のCSV定義やイベントを修正することができます。