API認証

Adjustは複数のAPI(Application Programming Interface)エンドポイントを提供しています。これらのエンドポイントを使って、Adjust管理画面の外でAdjustのデータを操作することが可能です。

AdjustのAPIの使用を開始するには、まず認証が必要です。この認証プロセスをとおして、許可されたユーザーのみがデータを扱えるようにします。このガイドに従ってAdjustのAPIトークンを見つけ、APIコールで使用してください。

事前準備

ご利用の条件

注意:
Adjust APIのトークンは、ユーザーアカウントと同一のパーミッションになります。

Adjust APIトークンを見つける

Adjust APIコールを作成する前に、まずAdjustダッシュボードでAPIトークンを見つけます。AdjustダッシュボードからAdjustのAPIトークンを確認してください。

重要:
SSO(シングルサインオン)を設定している場合、APIトークンはAdjustダッシュボードで確認することができません。APIトークン関して不明な点がございましたら、Adjustの担当者または support@adjust.com までお問い合わせください。
Adjust Suite
クラシックモードのダッシュボード

Adjust APIトークンは profile​ 内にあります。それを確認するには、以下の手順に従ってください。

  1. 左下隅にある設定アイコン()を選択します。
  2. アカウント設定(Account Settings)​ を選択します。アカウント設定のページが開きます。
  3. マイプロフィール(My Profile)​ を選択します。
  4. APIトークン​ が ユーザー情報(User details)​ に表示されます。コピーボタン()を選択して、トークンをクリップボードにコピーします。

Adjust APIトークンをリセットする

Adjust APIトークンはいつでもリセットすることが可能です。トークンをリセットすると古いトークンは無効になり、古いトークンを使ったリクエストは動作しなくなります。Adjust APIトークンをリセットした場合、トークンが使用されている既存の箇所を必ず更新してください。

Adjust Suite
クラシックモードのダッシュボード
  1. 左下隅にある設定アイコン()を選択します。
  2. アカウント設定(Account Settings)​ を選択します。アカウント設定のページが開きます。
  3. マイプロフィール(My Profile)​ を選択します。
  4. APIトークン​ が ユーザー情報(User details)​ に表示されます。
  5. APIトークンをリセットする(Reset API token)​ を選択します。ポップアップモーダルが表示されます。
  6. モーダルでアカウントのパスワードを入力し、 リセット(Reset)​ を選択してAPIトークンをリセットします。モーダルが閉じ、画面右上に確認メッセージが表示されます。
  7. APIトークン​ の横にあるコピーボタン()を選択して、トークンをクリップボードにコピーします。

Adjust APIトークンを使ってAPIコールを認証する

Adjust APIトークンを取得したら、そのトークンを使ってAPIコールを認証することができます。これを行うには、APIコールのAuthorizationリクエストヘッダーにトークンを渡してください。

Authorizationヘッダーは、次のフォーマットを使用します:Authorization: Token token={API_TOKEN}

cURL
curl "https://api.adjust.com" -H "Authorization: Token token={API_TOKEN}"