言語 
さらに見る 

アトリビューションプライバシーモデル

AppleのiOS 14.5とそれ以降のオペレーションシステムでは、複数のアプリやWebサイトを横断するトラッキングに対し、ユーザーに同意が求められます。ユーザーがコントロールできるプライバシー設定の次のステップとして、Adjustは複数のアトリビューションプライバシーモデルを提供します。これらのモデルにより、トラッキングに関するエンドユーザーの選択に対応しつつ、データの整合性と可用性をコントロールできます。

Adjustのアトリビューションプライバシーモデルは、SKAdNetworkデータの可用性に影響するものではありません。よって、アトリビューションプライバシーモデルの選択内容に関わらず、SKAdNetworkキャンペーンを実施している場合は、引き続き通常通り計測できます。つまり、Adjustのデータに加えてSKAdNetworkのインサイトを活用することで、プライバシーに配慮しコンプライアンスを維持しながら、効率的なキャンペーン分析と最適化をすることが可能になります。

このページでは、Adjustで使用される主要用語、Adjustが提供するアトリビューションプライバシーモデル、それらを使用して受け取れるデータについて説明します。

主要用語

iOS 14.5に関して、多くの情報が錯綜しているように感じる方もいらっしゃるでしょう。今回の変更点についてより深く理解できるように、最も重要な用語とその定義を以下にまとめました。

  • アトリビューションプライバシーモデル(Attribution Privacy Models)

iOS 14.5リリース後のモバイル計測に対するAdjustの包括的なアプローチ:アトリビューションプライバシーモデルは、Adjustが誇るクラス最高レベルの製品です。これにより、トラッキングに同意したユーザーに今までと同じように計測できます。また、トラッキングに同意しないユーザーをAdjustがどのように扱うかを細かく設定できます。

SKAdNetworkのデータを組み合わせることで、Adjustのアトリビューションプライバシーモデルでキャンペーンパフォーマンスの全体像を把握できます。トラッキングに関するアプリユーザーの選択を尊重しつつ、必要なインサイトが得られます。

  • 確率的アトリビューション(Probabilistic Attribution)

確率的アトリビューションを使用することで、アトリビューションが受ける影響を最小限に抑えることができます。Adjustにクリックやインプレッションなどのエンゲージメントデータを共有しているチャネルは、アトリビューションの対象となり、ローデータを受け取って最適化ができます。これまで通り、Adjust管理画面にて全ての集計データを確認でき、ローデータエクスポートあるいはCSVアップロードにて全ユーザーのローデータを受け取ることができます。詳しい要件については、Appleのプライバシーポリシーをご確認ください

  • 拡張プライバシー計測(Extended Privacy Measurement)

拡張プライバシー計測は、トラッキングに同意しないユーザーのデータがサードパーティに共有されるのを阻止します。これにより、実施される全ての計測と分析において最高レベルのプライバシーが保護されます。このアトリビューションモデルでは、ファーストパーティであるお客様自身はアトリビューションの集計データをAdjust管理画面にてチャネルごとに確認し、ユーザーのローデータコールバックを受け取ることができます。

拡張プライバシー計測におけるデータの可用性

Adjustの拡張プライバシー計測を使用することで、どのようなデータが取得でき、どのようなデータが取得できないのかを、以下の表でご確認ください。

iOS 14.5以降のデバイスで、ATTステータスが「Not Determined(未決定)」、「Restricted(制限あり)」または「Denied(拒否)」の場合
✔ クリックとインプレッションのパートナーコールバックをサポート✘ ディファードディープリンクには対応していません

✘ AdjustのSDKアトリビューションコールバックはNo User Consent(ユーザー同意なし)を返します

✘ API連携パートナー(SAN)にリクエストを送信しません

✘パートナーに対し、インストール、セッション、イベントなど他のタイプのコールバックをサポートしません