日本語

イベントおよびセッションコールバック

イベントやセッショントラッキングの状況を通知するデリゲートコールバックを登録できます。Configオブジェクトを生成すると、必要な数のリスナーを追加することができます。

Java
Javascript
AdjustConfig config = new AdjustConfig(this, appToken, environment);

// Set event success tracking delegate.
config.setOnEventTrackingSucceededListener(newOnEventTrackingSucceededListener() {
    @Override
    public void onFinishedEventTrackingSucceeded(AdjustEventSuccess eventSuccessResponseData) {
        // ...
    }
});

// Set event failure tracking delegate.
config.setOnEventTrackingFailedListener(newOnEventTrackingFailedListener() {
    @Override
    public void onFinishedEventTrackingFailed(AdjustEventFailure eventFailureResponseData) {
        // ...
    }
});

// Set session success tracking delegate.
config.setOnSessionTrackingSucceededListener(newOnSessionTrackingSucceededListener() {
    @Override
    public void onFinishedSessionTrackingSucceeded(AdjustSessionSuccess sessionSuccessResponseData) {
        // ...
    }
});

// Set session failure tracking delegate.
config.setOnSessionTrackingFailedListener(newOnSessionTrackingFailedListener() {
    @Override
    public void onFinishedSessionTrackingFailed(AdjustSessionFailure sessionFailureResponseData) {
        // ...
    }
});

Adjust.onCreate(config);

SDKは、Adjustのバックエンドにパッケージの送信を試みた後、デリゲート関数を呼び出します。デリゲートのコールバック内では、レスポンスデータオブジェクトにアクセスできます。このオブジェクトには、コールバックのステータスに関する情報が含まれています。セッションのレスポンスデータのプロパティについては、以下をご覧ください。

イベントプロパティ

セッションプロパティ

注意:
値がない場合は、デフォルトで nilになります。