日本語

不正防止レポート

アドフラウドの状況を不正防止レポートで把握して、正当なユーザーに対してのみキャンペーンを実施しましょう。

ここでは、全ての広告チャネルにおいて拒否されたインストール数やアトリビューション数などを含む、不正防止の指標を確認する方法を紹介します。

事前準備

ご利用の条件

  • 不正防止レポートにアクセスできる管理者とユーザー
  • Adjustの不正防止ツールパッケージ
  • Basic以上の料金プラン

参考

  • 不正防止ツールを有効化するには、sales@adjust.comまでお問い合わせください。

不正防止レポートを表示

不正防止ツールのデータは、管理画面の合計レポートに表示されます。閲覧するには、以下の手順に従ってください。

  1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
  2. レポート (Statistics)​ を選択します。
  3. 不正防止 (Fraud Prevention)​ タブを選択します。

不正防止レポートを表示

Adjustの不正防止ツールは、以下のレベルの防止機能を提供します。

不正防止ビューには、以下の項目がデフォルト表示されます。

  • 期間は自動的に 今月​ に設定されています。ドロップダウンメニューを使用して、別の表示期間を選択したり、期間指定をカスタマイズできます。

  • トラフィックソースは、インストール数の多い順に上から行に表示されます。次のレベルのセグメント(ネットワークからキャンペーンなど)を表示するには、トラフィックソースを選択します。

  • 列に表示された主要業績評価指標 (KPI)(KPIを選択することで列の順番を変更できます)。アトリビューションの詳細(クリックやインストールなど)または不正防止に関連するデータを表示します。

    • 注:Organicトラッカーには、他のどの計測ソースにもアトリビュートできない全てのトラフィックが含まれます。クリックおよびインプレッションキャンペーンを実施しているが、 アトリビューションタイプ (ATTRIBUTION TYPE)​ フィルターで1つしか選択していない場合は、選択されていないタイプもオーガニックに表示されます。
  • Untrusted Devicesトラッカーは、匿名IPアドレスを使用するデバイスからのインストールをレポートします。これらの多くは不正なデバイスですが、VPNを使用するデバイスからのオーガニックインストールが含まれる場合もあります。

  • 4つのアイコン(左から)

    • ビューを作成 (Create View)​ (星アイコン)
    • CSV出力 (Download CSV)​ (下向きの矢印アイコン)
    • ビューの切り替え (Switch view)​ (グラフアイコンまたはチャートアイコン)
    • フィルター (Filter)​ (ファネルアイコン)

不正防止KPI

KPIはキャンペーンの成果を評価するにあたり重要です。

不正防止ビューでKPIを追加または削除するには、 フィルター (Filter)​ (ファネルアイコン)> 列選択 (Column Selection)​ の順に選択します。

以下の複数のKPI_が自動的に表示されます(全ての不正防止機能を有効化した場合)。

  • インプレッション
  • インストール数
  • コンバージョン率
  • 不正インストール
  • 不正インストール率
  • RI AIP(匿名IPにより拒否されたインストール)
  • RI TME(エンゲージメント過多により拒否されたインストール)
  • RI DO(ディストリビューション異常値により拒否されたインストール)
  • RI CI(クリックインジェクションにより拒否されたインストール)
  • RI SDK Sig(SDKシグネチャーにより拒否されたインストール)
  • リアトリビューション
  • 不正リアトリビューション
  • 不正リアトリビューション率
  • RR AIP(匿名IPにより拒否されたリアトリビューション)
  • RR TME(エンゲージメント過多により拒否されたリアトリビューション)
  • RR DO(ディストリビューション異常値により拒否されたリアトリビューション)
  • RR CI(クリックインジェクションにより拒否されたリアトリビューション)
  • 平均的DAU(1日あたりのアクティブユーザー数)
  • 平均的MAU(1ヶ月あたりのアクティブユーザー数)
  • 平均的WAU(1週間あたりのアクティブユーザー数)