GDPR APIリファレンス

Adjustは、Right to be Forgotten(RTBF、忘れられる権利)リクエストを行うためのAPIエンドポイントを提供します。このエンドポイントは、特定のデバイスに対して以下のアクションを実行します。

  • 指定したアプリのユーザーの全個人データをAdjustから完全に削除する
  • 指定したアプリのユーザーの情報をAdjust SDKから受信することを停止する
  • 指定したアプリのユーザーのデータに対する全てのリファレンスをAdjust管理画面から削除する

ユーザーがRTBFリクエストを送信する場合、このAPIエンドポイントにリクエストを送信するようにサーバーを構成します。ユーザーのRTBFリクエストに関する詳細はGDPRに関する記事をご覧ください。

重要:
この動作は 恒久的なものです。RTBFのリクエストを一旦送信すると、Adjustは、デバイスと以前関連づけられていたデータを復元したり、当該デバイスから再度リクエストを受信したりすることはできません。

エンドポイント

https://gdpr.adjust.com/gdpr_forget_device

POSTリクエスト

デバイスと関連づけられている全てのデータを削除するには、アプリトークンとデバイスIDを含むPOSTリクエストを送信します。

注意:
RTBFリクエストは、コールで指定したアプリのみに適用されます。他のアプリのデバイスデータは影響を受けません。

パラメーター

パラメーターデータタイプ入力する値値の説明必須?
app_token文字列クエリ管理画面のAdjustアプリトークン。Yes
s2sBooleanクエリサーバー間コール(S2Sコール)かどうか。値は 1 (true)。Yes
文字列クエリAdjustから削除したいデバイスのID。受け入れ可能な値のリストについては、以下の表を参照してください。Yes

デバイスID

cURL
curl -X POST "https://gdpr.adjust.com/gdpr_forget_device?s2s=1&app_token=kwrqhymtnsr2&idfa=9C5CBC1D-4F42-4764-A5E6-84DAF3D24707"

レスポンス

ステータスコード意味説明
200OKリクエストが受信され、処理されました。
400不正なリクエスト(Bad request)無効なフォーマットまたはトークン。必要なパラメーターが含められていることを確認してください。サポートが必要な場合は、テクニカルアカウントマネージャーまたは support@adjust.com までお問い合わせください。
429リクエスト過多(Too many requests)エンドポイントのレートは、1分あたり10件のリクエストに制限されています。リクエストを過剰に送信すると、悪用防止のために一定時間ロックアウトされます。しばらくしてからリクエストを再送してください。
451法的理由により利用不可