開始方法

Adjust Unity SDKを実装することで、アトリビューションやイベントなどのさまざまなデータをUnityアプリで計測できます。以下の手順に従って、Adjust SDKをアプリを実装してください。

重要:
Adjust SDKは、iOS 9以降またはAndroid APIレベル9(Gingerbread)以降に対応しています。

1. Adjust SDKを取得する

UnityアプリでAdjust SDKを使うには、プロジェクトに追加する必要があります。GitHubのリリースページから最新バージョンをダウンロードできます。

以下の手順に従って、Adjust SDKをUnityプロジェクトにインポートしてください。

  1. Unityエディター(Unity Editor)を開きます。
  2. Assets​ -> Import Package​ -> Custom Package​ を選択します。
  3. ダウンロードしたSDKパッケージを選択します。

2. SDKを実装する

Adjust SDKには、ゲームオブジェクトのテンプレートと Adjust スクリプトを含むUnity プレハブ が含まれています。このスクリプトを使用してSDKを設定できます。Unityエディターでプレハブを開くには、以下の手順に従ってください。

  1. Assets/Adjust/Adjust.prefab のプレハブを最初のシーンに追加します。
  2. プレハブの Inspector Menu​ を開きます。

プレハブのメニューには、Adjust SDKの動作を制御する編集可能なフィールドが含まれています。

以下の情報を入力して、Adjust SDKを設定します。

  1. アプリトークン​ 。アプリトークンの確認方法については、アプリ設定をご参照ください。

  2. 環境​ :

    • アプリをテスト中で、テストデータを送信する必要がある場合は、 サンドボックス​ を選択します。テストデータを表示するには、ダッシュボードでサンドボックスモードを有効にする必要があります。
    • テストが完了し、アプリを公開する準備が整ったら、 本番用​ を選択します。
  3. ログレベル​ 。ログレベルは、受け取るログの内容を制御します。詳しくは、ログレベルの設定をご覧ください。

デフォルトでは、アプリの Awake イベントがトリガーされると、Adjust SDKが起動します。この動作をオーバーライドするには、 START SDK MANUALLY​ オプションをONにしてください。これにより、configインスタンスを引数として Adjust.start() を呼び出すことで、Adjust SDKを初期化できます。

C#
AdjustConfig adjustConfig = new AdjustConfig("{YourAppToken}", AdjustEnvironment.Sandbox);
…
Adjust.start(adjustConfig);

3. Androidデバイスを設定する

Google Play 開発者サービスを追加する

Google Playストアを対象とするアプリは、Google広告ID (gps_adid)を使用してデバイスを識別する必要があります。gps_adidにアクセスするには、play-services-ads-identifier AARをプロジェクトに追加する必要があります。

Google External Dependency Manager

手動インストール

アプリセットIDの収集

注意:
App Set IDは、Adjust SDK v4.33.1以降で利用が可能です。

アプリセットID は、ユーザーがデバイスにインストールしたアプリの情報を計測するための一意の識別子です。同じ開発者のアプリは全て同じアプリセットIDを共有しているため、全てのアプリのユーザーから有意義なインサイトを収集できます。

Google External Dependency Manager

手動インストール

Proguardを設定する

ProGuardを使用している場合は、以下のルールをカスタムのProGuardファイルに追加してください。

-keep public class com.adjust.sdk.**{ *; }
-keep class com.google.android.gms.common.ConnectionResult {
    int SUCCESS;
}
-keep class com.google.android.gms.ads.identifier.AdvertisingIdClient {
    com.google.android.gms.ads.identifier.AdvertisingIdClient$Info getAdvertisingIdInfo(android.content.Context);
}
-keep class com.google.android.gms.ads.identifier.AdvertisingIdClient$Info {
    java.lang.String getId();
    boolean isLimitAdTrackingEnabled();
}
-keep public class com.android.installreferrer.**{ *; }

インストールリファラーを設定する

インストールリファラーは、アプリインストールをソースにアトリビュートするために使用できる一意の識別子です。Adjust SDKは、アトリビューションを実行するためにこの情報を必要とします。対象とするアプリストアによって異なる情報の収集方法が2つあります。

Google Play Referrer API

Huawei Referrer API

4. アプリをビルドする

アプリのビルドプロセスを完了し、アプリ内でAdjust SDKが正常に動作することを確実にするため、Adjust Unityのパッケージはポストビルドプロセスを実行します。

このプロセスは、 AdjustEditor.csOnPostprocessBuild メソッドによって実行されます。出力ログは、Unity IDEコンソールの出力ウィンドウに表示されます。

iOS

Android

5. Adjust SDKシグネチャーを追加する

Adjust SDKシグネチャーを使用して、Adjust SDKによって送信される全ての通信に署名できます。これによりAdjustのサーバーは、シグネチャーがない不正インストールを検出し、拒否することができます。

Adjust SDKシグネチャーの使用を開始するには、担当のテクニカルアカウントマネージャーまたはsupport@adjust.comまでお問い合わせください。

6. 実装をテストする

Adjust SDKは、実装をテストとトラブルシューティングのためのツールを提供します。以下の手順に従って、実装をテストしてください。

ヒント:
問題が発生した場合は、全ての詳細情報とログを添付し、 support@adjust.com までメールをお送りください。

Google Play 開発者サービスの連携をテスト