日本語

Google Cloud Storage へのCSV アップロード

AdjustのCSVによる転送機能を使用すると、ユーザーのローデータを自動的にGoogle Cloud Storageにエクスポートできます。このデータを使用して独自のデータベースを構築し、ニーズに応じてユーザーを分析し、(Adjustのログを要求することなく)即座にデータを呼び出すことができます。

CVSレポートの転送は、Adjust管理画面から設定できます。イベントを選択し、送信するデータポイントを定義してください。設定が完了すると、Adjustは一時間ごとにCSVレポートをGoogle Cloud Storageのバケットに送信します。

Google Cloud Consoleのプロジェクト設定方法

Adjustデータの転送を開始する前に、次の手順に従って、プロジェクトがGoogle Cloudで正しく設定されていることを確認してください。 

  1. プロジェクトを作成するか、既存のバケットを使用します。

  2. Adjustデータエクスポート専用のバケットを作成します。
    注:​ 既存のバケットを使用する場合、そのサービスキーでそのバケットの他のデータにアクセスできる場合があります。

  3. 専用のサービスアカウントおよびサービスアカウントキー認証情報ファイルを作成します。

    • キーのタイプをJSONとして選択します。
    • 権限なしのサービスアカウントを作成します。次のステップでは、専用バケット限定のサービスアカウントに適切な権限を設定する必要があります。
      注:​ サービスアカウントの作成中に権限を設定する場合、サービスキーはそのプロジェクトの全てのバケットおよびオブジェクトにアクセスできます。
  4. バケットのアクセス権限(Permissions)を編集して、サービスアカウントに権限を付与します。

    • サービスアカウントのEメールを新規メンバーとして追加します。
    • 権限(Role)クラウドストレージ(Cloud Storage)> ストレージ管理者(Storage Admin)​ に設定します。

Adjustでデータ転送を設定

Adjust管理画面にて

  1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
  2.   その他の設定(All Settings)> ローデータエクスポート(Raw Data Export)> CSVアップロード(CSV Upload)​ の順に選択します。
  3. ドロップダウンメニューから  Google Cloud Storage​  を選択します。
  4. サービスアカウントキー認証情報ファイルをアップロードします。 これはGoogle Cloud Consoleで作成されたJSONファイルです。  
  5. Google Cloud Storageバケット名を入力します。
  6.   エクスポートするイベントを選択してください(Select Events for Export)​ を開き、AdjustがGoogleに送信するイベントを選択し、  OK​ を選択します。
  7. CSVの定義を入力します。
  8. 保存 (SAVE)​ を選択します。

設定が完了しました。これでAdjustは、一時間ごとにCSVデータファイルをGoogle Cloud Storageのバケットに転送します。