言語 
さらに見る 

Google データスタジオ

AdjustをGoogle データポータルに連携することで、全てのデータをカスタマイズし、1つのビューに見やすくまとめることができます。以下の設定方法をご覧ください。 

事前準備

事前準備として、以下の内容をご確認ください。

ご利用の条件

  • With the Business Pro package

要件

  • G Suiteアカウント

Adjustのデータポータルのためのコネクター

Adjustでは、4種類のデータポータルコネクターをサポートしています。コネクターはそれぞれ個別に設定する必要があります。 

  • Adjust合計レポート
  • Adjust 日次コホート(単位: 0, 1, 3, 7, 14, 24, 28, 30 days)
  • Adjust 週次コホート(単位: 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8 weeks)
  • Adjust 月次コホート (単位: 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12 months)

全てのデータスタジオのコネクターは、以下のように設定されています。

  • 動的(ダイナミック)アトリビューションソース
  • アトリビューションタイプ:クリックとインプレッション
  • タイムゾーンのUTCオフセット:0
  • アトリビューション:キャンペーンレベルでのみ提供。クリエイティブおよびアドグループレベルでは提供しておりません。
  • リクエスト:プロダクションデータのみ提供

データソースの設定

データポータルコネクターを使用すると、お客様のAdjustのKPIデータをGoogleデータポータルに表示し、データの視覚化をすぐに始めることができます。

コネクターを設定するには、以下の手順に従ってください。 

1. データスタジオにアクセスします。

2. 追加するAdjustコネクターを検索します。

3. 承認(Authorize)​ を選択します。

“set-up-gds

4. 使用するアカウントを選択します。

“set-up-gds

5. 許可(Allow)を選択してアクセスを確認します。

“set-up-gds

6. Adjust APIトークンを キー(Key)​ フィールドに入力して、 送信(SUBMIT)​ を選択します。

APIトークンはAdjust管理画面で確認できます。 マイアカウント(Account Settings) > あなたのデータ(Your Data)​ を選択し、 ユーザー情報(User Details)の下にある歯車アイコン​ を選択します。最後に、 APIトークン(API Token)​ を選択します。トークンをコピーし、データポータルのフィールドに直接貼り付けます。

“set-up-gds

7. ここで、画面の右上隅にある 接続(CONNECT)​ を選択します。

“set-up-gds

8. 全てのイベントが表示されます。レポートを作成するには、右上隅にある 作成(CREATE)​ を選択します。

“set-up-gds

AdjustデータがGoogleデータポータルに連携されたので、データを視覚化するレポートの作成を開始できます。 

お問い合わせ

Adjustにサポートリクエストを送信する、または問題を報告するには、以下のフォームをご使用ください。担当者よりご連絡させていただきます。