言語 
  • English
  • 中文
  • 日本語

Adobe Analyticsとの連携

Adobe Analyticsは、包括的なオンラインマーケティングとWeb分析機能です。AdjustとAdobeのSDK間連携により、インストール、リアトリビューション、セッション、イベントデータをAdobeに送信できるようになります。Adjustはアトリビューションデータを含むデリゲートコールバックを利用して、このデータをAdobe SDKに送信します。

Adobe Analytics SDK APIの実装

Adobe Analyticsの設定を行う前に、AdjustとAdobeのSDKを完全に連携するには、まずコードスニペットをアプリに実装する必要があります。

SDKを設定してAdobe Analyticsにデータをフィードする方法に関する情報と関連スニペットについては、iOSAndroid向けSDK readmeをご覧ください。

Adobe Analyticsの設定

AdjustデータをAdobeの設定に送信するには、次の手順に従ってAdobe Analyticsの管理画面を適切に設定する必要があります。

データコネクタを有効化する設定手順

  1. データコネクタUI (Data Connectors) で、新規追加(Add Integration)を選択します。
  2. アルファベット順に並んでいる統合リストから、AdjustのアイコンをAdobe Marketing Cloud Connectorにドラッグアンドドロップします。 
    1. これにより、Adjust連携ウィザードが起動します。
  3. 利用規約に同意して、Adjustデータの受信先となるレポートを選択します。このレポートスイートは、モバイルアプリのレポートスイートと同じにしてください。この連携に対し、任意の名前を追加することができます。
  4. ドロップダウンリストから、Adjustデータの受信先として使用可能なeVarをマッピングします。必要に応じて変数名を変更することができます。
  5. 変数のマッピングと他のパラメーターを確認します。Activate Now(今すぐ有効化)をクリックして連携を有効化します。有効化されると、データコネクタによって必要な処理ルールが自動的に作成されます。
  6. 複数のアプリがある場合は、連携が必要なレポートスイートごとに前述の手順を繰り返します。

2. アルファベット順に並んでいる統合リストから、AdjustのアイコンをAdobe Marketing Cloud Connectorにドラッグアンドドロップします。

1/4

必要に応じて、AdobeのウェブサイトにあるAdjustとAdobe Analyticsの連携に関する詳細情報をご覧ください。