日本語

モジュール連携

広告主の多くは、パートナーのネットワークにデータ送信をするために、手動でコールバックを設定しなければなりません。Adjustは、モジュール連携によりこのプロセスを簡素化する機能をパートナーに提供しています。モジュールパートナーはAdjustの管理画面に直接連携されるため、広告主は連携したいパートナーを管理画面で見つけ、自動コールバックを設定することが可能です。

概要

  • 自動コールバックを使用すると、Adjustはクライアントに代わって標準的な一連のデータポイントを送信します。
  • 事前にフォーマットされたこれらのコールバックには、クライアントのモバイルアプリキャンペーンに関する情報が含まれます。
  • 正確なコールバックデータを受け取り、パフォーマンス計測と広告の最適化に活用できます。
  • コールバックには拡張アトリビューションとアプリ内イベントデータが含まれます。

計測の仕組み

モジュールパートナーは、より多くのインサイトにアクセスできます。自社のキャンペーンデータや全てのアプリインストール、アプリ内データをAdjustから受信することが可能です。

ほとんどのAdjustのモジュール連携パートナーとは、サーバー間(S2S)APIで連携が行われます。一部のモジュールパートナーはSDK間の連携をサポートしています。SDK間連携では、コールバックを送受信するためにAdjust SDKとパートナーのSDKの2つを連携させます。

Adjustは多数のパートナーとモジュール連携をしています。モジュール連携パートナーの最新リストをこちらからご覧ください。広告主がAdjust管理画面でモジュールを有効化するための具体的な手順が確認できます。

以下は、設定して送信できる自動コールバックの一例です。

  • アプリのインストール
  • リアトリビューション
  • セッション
  • アプリ内イベント

Adjustは、アトリビューションが計測されたパートナーに対してのみ、アトリビューションの詳細情報を提供します。「Aのパートナー」がインストールを発生させたのは他のパートナーであることがわかっても、そのパートナー名やキャンペーンの詳細についての情報は転送されません。

データポイントが広範囲であっても、必ずしもデータ量が多いとは限りません。そのため、テクノロジーパートナーによってはこのソリューションが適切ではない場合があります。サービス形態に基づき、特定のパートナーにのみ適用されます。

ヒント:
Adjustでは、キャンペーン開始前に、コールバックURLのテストを実施していただくことを推奨しています。テストをとおして、コールバックが正しく設定され、Adjustがイベントを計測した直後に必要なデータを受け取れるかどうかをご確認ください。公開後にトラブルシューティングをする必要性もこれで軽減されます。キャンペーン開始前と終了後の詳細なテスト方法は、 コールバックのテストをご覧ください。

連携プロセス

サービス内容によっては、パートナーがソリューションを提供するため広範囲に渡るデータにアクセスする必要があります。以下は、多くのデータを受信するメリットがあるパートナータイプの一覧です。

  • アナリティクスプラットフォーム
  • リターゲティングプロバイダーとエンゲージメントプラットフォーム
  • API連携パートナー(SAN)
  • API連携パートナーが選ぶマーケティング開発者(PMD)
  • API連携パートナーのキャンペーン管理パートナー
  • TVアナリティクスプラットフォーム
  • 顧客管理(CRM)プラットフォーム
  • データ管理プラットフォーム(DMP)
  • 相手先ブランド製造(OEM)業者またはプリロードパートナー
  • Over-the-Top(OTT)プラットフォーム

モジュールパートナーになるには、一定の設定時間を要します。モジュール連携が適したソリューションかどうかを判断するため、Adjustでは特定の要因を確認します。その一つが、クライアントからの需要です。パートナーモジュールは、クライアントによって定期的に有効化されなければなりません。

Adjustは連携を申し込まれる全てのパートナーに、クライアントの参照情報の提供をお願いしています。Adjustはこの情報を基に、モジュール連携がそのパートナーに適したソリューションかどうかを判断します。参照情報のご準備ができましたら、パートナーシップマネージャーまたはpartners@adjust.comにご連絡ください。

Adjustのパートナーシップチームによる審査が完了したら、次のステップは、モジュールの構築です。このプロセスの初期段階をパートナーシップチームがサポートします。各モジュールは、パートナーとクライアントのご要望に基づいてカスタマイズされます。