日本語

プライバシー機能

GDPRの忘れられる権利

EUの一般データ保護規制(GDPR)第17条に基づいて、ユーザーが忘れられる権利(RTBF)を行使した際にAdjustへ通知することができます。gdprForgetMeメソッドを呼び出し、ユーザーのRTBF申請をAdjustバックエンドに伝えるようAdjust SDKに指示してください。

Objective-C
Swift
Javascript
[Adjust gdprForgetMe];

Adjustのバックエンドがこの情報を受け取ると、Adjustは該当ユーザーのデータを消去します。Adjust SDKはユーザーのトラッキングを停止します。以降、そのデバイスからのリクエストは送信されません。

特定のユーザーの情報をサードパーティと共有する

Adjust SDKを使用して、ユーザーがサードパーティとの共有設定を変更した時にそれを記録することができます。

特定のユーザーの情報をサードパーティと共有するのを無効にする

一部のユーザーは、サードパーティとのデータ共有をオプトアウトしたい場合があります。これをAdjustに指示するには、偽のfalse値を使ってtrackThirdPartySharingメソッドを呼び出してください。

Objective-C
Swift
Javascript
ADJThirdPartySharing *adjustThirdPartySharing = [[ADJThirdPartySharing alloc] initWithIsEnabledNumberBool:@NO];
[Adjust trackThirdPartySharing:adjustThirdPartySharing];

バックエンドがこの情報を受信すると、サードパーティとのデータ共有を停止します。Adjust SDKは通常通り機能します。

特定のユーザーの情報をサードパーティと共有するのを有効化あるいは再有効化する

ユーザーがサードパーティとの共有を有効化または再有効化する場合は、それをバックエンドに指示する必要があります。これを行うには、true値を使ってtrackThirdPartySharingメソッドを呼び出してください。

Objective-C
Swift
Javascript
ADJThirdPartySharing *adjustThirdPartySharing = [[ADJThirdPartySharing alloc] initWithIsEnabledNumberBool:@YES];
[Adjust trackThirdPartySharing:adjustThirdPartySharing];

バックエンドがこの情報を受け取ると、ユーザーの設定が更新されます。Adjust SDKは通常通り機能します。

Adjustバックエンドに詳細情報を送信する

ユーザーがサードパーティとの共有設定を変更する時に、詳細な情報を添付できます。この情報を使用して、ユーザーの選択に関するよりきめ細かい情報を伝えられます。

Objective-C
Swift
Javascript
ADJThirdPartySharing *adjustThirdPartySharing = [[ADJThirdPartySharing alloc] initWithIsEnabledNumberBool:nil];
[adjustThirdPartySharing addGranularOption:@"PartnerA" key:@"foo" value:@"bar"];
[Adjust trackThirdPartySharing:adjustThirdPartySharing];

Facebookのデータ使用制限に対応する

重要:
アプリがインストールされると、Adjust SDKはすぐに情報をFacebookに送信します。このメソッドは、必ずSDKを初期化する前に呼び出してください。

Facebookは、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)に準拠するために、データ使用制限(LDU)と呼ばれる機能を提供しています。この機能を使うと、カリフォルニア州のユーザーがデータ販売をオプトアウトしたときに、Facebookに通知できます。デフォルトで全てのユーザーをオプトアウトしたい場合も、この機能を使用できます。

Facebook LDUのステータスは、ADJThirdPartySharing.addGranularOptionメソッドに引数を渡すことで更新できます。

Objective-C
Swift
Javascript
ADJThirdPartySharing *tps = [[ADJThirdPartySharing alloc] initWithIsEnabledNumberBool:@YES];
[tps addGranularOption:@"facebook" key:@"data_processing_options_country" value:@"1"];
[tps addGranularOption:@"facebook" key:@"data_processing_options_state" value:@"1000"];
[Adjust trackThirdPartySharing:tps];

パラメーター

注意:
data_processing_options_countryフィールドまたはdata_processing_options_stateフィールドに値0を指定してこのメソッドを呼び出すと、Adjust SDKは両方のフィールドを0として渡します。

サードパーティとの共有を無効にする

SDKレベルでサードパーティとの共有を無効にすることができます。つまり、Adjustがユーザー情報をサードバーティとの共有しないことを意味します。これを設定するには、disableThirdPartySharingメソッドを呼び出してください。

Objective-C
Swift
Javascript
[Adjust disableThirdPartySharing];

データレジデンシー

データレジデンシー機能により、Adjustがデータを保管する国を選択できます。これは、プライバシー要件の厳しい国でオペレーションをする場合に便利です。データレジデンシーを設定すると、Adjustは選択された地域のデータセンターにお客様のデータを保管します。

データレジデンシーの国を設定するには、ADJConfigインスタンスのUrlStrategyを設定してください。例えば、データレジデンシーの地域をEUに設定するには以下を呼びだします。

Objective-C
Swift
Javascript
[adjustConfig setUrlStrategy:ADJDataResidencyEU];

特定のユーザーの同意を計測する

Adjust管理画面でデータプライバシー設定を使用している場合、連携させるためにAdjust SDKを設定する必要があります。これには、同意有効期間やユーザーデータ保持期間などの設定が含まれます。この機能を有効化するには、trackMeasurementConsentメソッドを呼び出してください。有効化されると、SDKはデータプライバシー設定をバックエンドに伝えます。

Objective-C
Swift
Javascript
[Adjust trackMeasurementConsent:YES];

その後、Adjustバックエンドは設定されたデータプライバシールールをユーザーに適用します。Adjust SDKは通常通り機能します。