日本語

AdMobと広告収益を計測

AdjustとAdMobを連携することで、インプレッションレベルの収益データをほぼリアルタイムに確認し、きめ細かなデータを基に有料UAキャンペーンを最適化できるようになります。また、この連携により、集約されていないインプレッションレベルのデータをBIやクラウドストレージシステムに送信できます。

事前準備

はじめに、以下の設定手順をお読みください。

SDKの要件

この機能を利用するには、まずお使いのプラットフォーム用のAdjust SDKをダウンロードして設定してください。以下のリンク先の説明に従って、設定を開始してください。

プラットフォーム必須のSDKバージョン
Androidv4.28.1以降
iOSv4.29.2以降
Unityv4.29.1以降

必須のパッケージ

この機能は以下のパッケージにご契約の場合利用が可能です。

AdMob iLTVについて

iLTVとは、インプレッションレベルの顧客生涯価値(Impression-level Lifetime Value)のピンバックのことです。LTVピンバックを使用すると、デバイスで直接配信された広告に対して予測した収益を返送することにより、さらに正確なユーザーLTVを計算できます。

AdMobのiLTV機能の広告収益レポートは、Adjust管理画面で集計・表示されたユーザーレベルの情報を提供します。また、好きな時にCSVレポートまたはリアルタイムコールバックで、このデータを送信することもも可能です。

これを実装することにより、データ収集のすべての側面において柔軟性が高まり、以下のことが可能になります。

  • データを集計する場所の抽出と選択
  • データ収集と集計のための任意のキーの選択

AdMobを使用した広告収益計測の設定

AdjustのSDKは、AdMobとのSDK間連携が可能です(Adjust SDKおよびAdMob SDK)。 

詳細な設定手順については、当社の開発者ガイドをご覧ください。 

広告収益データをエクスポートする方法

広告収益データをエクスポートするには、次の2つの方法があります。

ユーザーレベルの広告収益データをエクスポートするには、プレースホルダーをコールバック文字列の末尾に追加するか、CSV定義に含めてください。

Adjustプレースホルダー提供される値
{revenue_float}Adjust SDK にレポートされる、通貨単位における収益データ
{revenue}Adjust SDK によってレポートされる、セント(小数の通貨単位)で表示される収益データ
{currency}Adjust SDK によってレポートされる、オリジナルの ISO 4217通貨コード
{revenue_usd}収益(米ドル)
{revenue_usd_cents}収益(米セント)
{reporting_currency}Adjust管理画面にレポートされる、通貨単位全体での収益データ
{ad_impressions_count}エンドユーザーに配信されたモバイル広告の数
{ad_revenue_network}広告を表示したネットワーク
{ad_revenue_unit}収益が発生した広告ユニット
{ad_revenue_placement}プラットフォームで定義されたユーザー配置
{ad_mediation_platform}メディエーションプラットフォーム名
{ad_revenue_payload}JSONとしてのインプレッションレベルの収益データ (ILRD)
注意:
AdMobはインプレッションごとにコールバックを1回送信し、データはほぼリアルタイムです。

よくあるご質問

デバイスレベルの広告収益データを受け取るには、どうすればよいですか。