日本語

アトリビューションコールバック

流入元のアトリビューションの更新通知をアプリが受けるために、デリゲートコールバックを登録することができます。アトリビューションには複数の流入元が紐づく可能性があるため、この情報は同時に送ることができません。

App Delegateでオプションのデリゲートプロトコルを実装するには、以下の手順に従ってください。

重要:
デリゲートコールバックはAdjustConfigインスタンスを使用して設定されるため、appDidLaunchメソッドをコールする前にsetDelegateをコールする必要があります。
  1. Web viewを使用していない場合は、AdjustDelegate宣言をAppDelegateヘッダーファイルに追加します。
Objective-C
Swift

AppDelegate.hファイルにて:

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate, AdjustDelegate>
  1. Web viewを使用していない場合、デリゲートコールバック関数をApp Delegateに追加します
Objective-C
Swift

AppDelegate.m file:

- (void)adjustAttributionChanged:(ADJAttribution *)attribution {
}
  1. Adjustのconfigインスタンスでデリゲートを設定します
Objective-C
Swift
Javascript
[adjustConfig setDelegate:self];

SDKは、最後のアトリビューションデータを取得した後にデリゲート関数を呼び出します。デリゲート関数内でattributionオブジェクトにアクセスできます。

全てのプロパティはJSONオブジェクトとして返されます。表示されない値は全てnilとして送り返されます。

注意:
コストデータ( costTypecostAmountcostCurrency)は、configオブジェクトのneedsCostプロパティtrueに設定されている場合にのみ利用可能です。
データタイプ説明
trackerToken文字列デバイスが現在アトリビュートされているトラッカーのトークン
trackerName文字列デバイスが現在アトリビュートされているトラッカーの名前
network文字列デバイスが現在アトリビュートされているネットワークの名前
campaign文字列デバイスが現在アトリビュートされているキャンペーンの名前
adgroup文字列デバイスが現在アトリビュートされているアドグループの名前
creative文字列デバイスが現在アトリビュートされているクリエイティブの名前
clickLabel文字列インストールがタグされている クリックラベル
adid文字列デバイスに割り当てられた一意のAdjust ID
costType文字列キャンペーン課金モデル(例:cpi)
costAmountVAT番号インストールのコスト
costCurrency文字列コストに関連した通貨のコード ISO 4217規格に則って3文字の文字列にする必要があります。

ユーザーアトリビューション

attributionメソッドを呼び出すと、ユーザーの現在のアトリビューションを取得できます。これにより、ADJAttributionクラスで見つかった全ての情報がJSONオブジェクトとして返されます。

注意:
最新のアトリビューション情報は、Adjustバックエンドのインストールがトラッキングされた後に取得できます。その後、アトリビューションがお客様にコールバック送信されます。
Objective-C
Swift
Javascript
ADJAttribution *attribution = [Adjust attribution];