日本語

セッションパラメーター

Adjust SDKは、全てのイベントやセッション発生時に送信される特定のパラメーターを保存できます。これらはセッションパラメーターと呼ばれます。一度追加したパラメーターはSDKに保存され、別の場所で利用できるようになります。つまり、同じパラメーターを2度追加しても、パラメーターの値に影響はありません。

アプリの起動後にしかセッションパラメーターを設定できない場合もあります。この場合、Adjust SDKの初回起動を遅らせることができます。これにより、セッションパラメーターを設定する時間を確保するとともに、それらをインストールイベントと一緒に送信できるようになります。

セッションコールバックパラメーター

Adjustのセッションごとにコールバックパラメーターを送信できます。セッションコールバックパラメーターとイベントコールバックパラメーターの仕様は似ています。Adjust.addSessionCallbackParameterメソッドを呼び出すことで、セッションコールバックパラメーターを設定できます。

Java
Javascript
adjustEvent.addCallbackParameter("foo", "bar");

Adjust SDKは、セッションコールバックパラメーターをイベントコールバックパラメーターとマージします。イベントコールバックパラメーターは、セッションコールバックパラメーターより優先されます。つまり、パラメーターキーをイベントとセッションの両方に追加した場合、SDKはイベントパラメーターを送信します。

特定のセッションコールバックパラメーターが必要なくなったら、これらを削除できます。これを行うには、パラメーターキーでAdjust.removeSessionCallbackParameterメソッドを呼び出します。

Java
Javascript
AdjustEvent.addCallbackParameter("foo", "bar");

全てのセッションパラメーターが必要なくなったら、これらを削除できます。これを行うには、Adjust.resetSessionCallbackParametersメソッドを呼び出します。

Java
Javascript
Adjust.resetSessionCallbackParameters();

セッションパートナーパラメーター

Adjust SDKを使うと、コールバックパラメーターをネットワークパートナーに送信できます。この機能を使用するには、Adjust管理画面でネットワークパートナーを設定する必要があります。

セッションパートナーパラメーターとイベントパートナーパラメーターの仕様は似ています。Adjust.addSessionPartnerParameterメソッドを呼び出すことでセッションパートナーパラメーターを設定できます。

Java
Javascript
adjustEvent.addCallbackParameter("foo", "bar");

Adjust SDKは、セッションパートナーパラメーターをイベントパートナーパラメーターとマージします。イベントパートナーパラメーターは、セッションパートナーパラメーターより優先されます。つまり、パートナーパラメーターキーをイベントとセッションの両方に追加した場合、SDKはイベントパラメーターを送信します。

特定のセッションコールバックパラメーターが必要なくなったら、これらを削除できます。これを行うには、パラメーターキーでAdjust.removeSessionPartnerParameterメソッドを呼び出します。

Java
Javascript
Adjust.removeSessionPartnerParameter("foo");

全てのセッションパートナーパラメーターが必要なくなったら、これらを削除できます。これを行うには、Adjust.resetSessionPartnerParametersメソッドを呼び出します。

Java
Javascript
Adjust.resetSessionPartnerParameters();

ディレイスタート

デフォルトでは、Adjust SDKはアプリの起動直後に動作を開始します。起動時に取得できないデータをセッションパラメーターで送信したい場合は、SDKの動作開始を遅らせることができます。これは、ユニークな識別子などの情報を送信する場合に便利です。

setDelayStartメソッドに遅延時間(秒数)を渡すことでSDKの動作開始を遅らせることができます。

Java
Javascript
adjustConfig.setDelayStart(5.5);

上記の例では、Adjust SDKはインストールセッションまたはあらゆるイベントを5.5秒間送信しません。この時間が経過すると、SDKは情報をバックエンドに送信します。Adjust.sendFirstPackagesメソッドを呼び出すことで、タイムアウトになる前に情報を送信できます。

Java
Javascript
Adjust.sendFirstPackages();
注意:
SDKの動作開始を遅らせることができるのは最長 10秒間です。