データ共有オプションを選択

このセクションでは、以下の項目を説明します。

  • ネットワークのデータ共有を有効化する
  • ネットワークと共有したいデータを選択
  • イベントをマッピング
  • SDKパラメーターをネットワークパラメーターにマッピング

このセクションで紹介する設定は全て任意です。

事前準備

はじめに、以下の設定手順をご覧ください。

要件

  • ネットワークをAdjustと連携するためのネットワーク認証情報。例:

    • ユーザー名とパスワード
    • トークン
    • 鍵 (Key)
  • SDKパラメーターをネットワークパラメーターにマッピングする場合は、Adjust SDKがv4.0.0以降であること。この機能を使用するには、以下のリンク先のガイドに従ってください。
    iOS / Android / Windows / Unity / React Native / Flutter / Adobe Air / Cordova / Marmalade / Xamarin / Cocos2d-x / Titanium / Corona

Adjustと連携しているネットワーク

一部のネットワークはAdjustと連携しています。これらのネットワークでは、データ共有ページのネットワークレベルでデータ共有を設定する必要があります。

アプリを選択する設定画面でマルチプラットフォームアプリを選択した場合、アプリごとに以下のデータ共有設定を選択することができます。

データ共有を有効化

ネットワークとのデータ共有は、キャンペーンの最適化に役立ちます。データ共有を有効化するには、ネットワークをAdjustと連携します。

  1. データ共有の有効化(Enable data sharing)​ で、 編集(Edit)​ を選択します。

  2. マルチプラットフォームアプリを選択した場合は、データ共有を有効化したいプラットフォームに必要なネットワーク認証情報を入力します。例:

    • ユーザー名とパスワード
    • トークン
    • 鍵 (Key)
  3. 有効化(Enable)​ を選択します。

データ共有オプションの設定

ネットワークとのデータ共有を有効化すると、デフォルトでは、アドネットワークがAdjustから一部のデータを自動的に受信します。さらに、コールバックによりネットワークと共有するデータの量やタイプを選択できます。

データ共有オプションの設定(Set your data sharing option)​ で、以下の手順に従ってください。

  1. シングルプラットフォームアプリおよびマルチプラットフォームアプリで、単一のプラットフォームでのみデータ共有が有効になっている場合は、そのプラットフォームでのみデータ共有オプションを設定します。マルチプラットフォームアプリの場合、複数のプラットフォームでデータ共有が有効化されている場合は、以下のことが可能です。

    • プラットフォーム固有の設定を使用(Use platform-specific settings)​ を選択すると、プラットフォームレベルでデータ共有オプションを個別に設定できます。
    • グローバル設定を使用(Use global settings)​ を選択すると、複数のプラットフォームに同一のデータ共有設定ができます。
  2. ネットワーク名と共有できるデータ(What sources of data do you want to share?)​ で、全てのアトリビューションソース(他のネットワークにアトリビュートされたデータおよびオーガニックデータ)からのデータを共有するか、あるいは、ネットワークにアトリビュートされたデータのみを共有するかを選択します。

  3. デフォルトで共有するデータ(What will be shared by default?)​ で、デフォルトでネットワークと共有するデータポイントを確認します。

  4. 共有したいデータは他にありますか?(What other data you want to share?)​ にて、ネットワークと共有する追加のデータポイントを選択します。例:

    • 広告費用
    • 広告収益 - 複数の広告収益ソースのデータをネットワークに送信できます。
    • イベント - このデータを共有するには、 イベントをマッピングする必要があります。
    • アプリ内収益アプリ内購入 - このデータを共有するには、収益を発生させるイベントをマッピングする必要があります。
    • パラメーター - 通常、このデータを共有するには パラメーターをマッピングする必要があります。
    • セッション(Sessions)
    • アンインストールと再インストール

イベントをマッピング

共有するイベントを、ネットワークが受け取れる値にマッピングします。マッピングされていないイベントのデータは、ネットワークと共有されません。

イベントのマッピング(Map events)​ で、以下の手順に従って、ネットワークに直接送信するアプリ内イベントを選択します。

  1. イベントのマッピング(Map event)​ を選択します。
  2. Adjustイベント(Adjust event)​ リストで、ネットワークと共有するAdjustイベントを選択します。
  3. パートナーイベント(Partner event)​ リストで、Adjustイベントをマッピングするカスタムイベント名を選択するか、入力します。
  4. 適用(Apply)​ を選択します。

パラメーターをマッピング

SDKで収集するローデータのパラメーターが、ネットワークでサポートされる値と異なる場合、ネットワークでそのデータを受信するには、マッピングを定義します。

このセクションは、 データ共有オプションの設定(Set your data sharing option)​ でパラメーター(Parameters)を選択している場合にのみ表示されます。

パラメーターのマッピング(Map parameters)​ では、SDKで定義したパートナーパラメーターをネットワークに送信する方法を指定できます。

  1. パラメーターのマッピング(Map parameters)​ を選択します。
  2. SDKパラメーター(SDK parameter)​ フィールドで、ネットワークと共有するSDKパラメーターの名前を入力します。
  3. パートナーパラメーター(Partner parameter)​ フィールドで、SDKパラメーターに対応するネットワークパラメーターを入力します。

Adjustと連携していないネットワーク(ダイナミックネットワーク)

ダイナミックアドネットワークは、AdjustからダイナミックコールバックAPIを介してデータを受信します。パートナーパラメーターを使用して、広告収益とカスタムデータをこれらのネットワークと共有できます。

注意:
ダイナミックアドネットワークのデータ共有は、アプリレベルで有効化する必要があります。つまり、データ共有設定は、アプリ用に設定した全てのネットワークに適用されます。

ダイナミックアドネットワークのデータ共有を設定するには、以下の手順に従ってください。

  1. AppView​ で 全てのアプリ(All apps)​ を選択します。

  2. ネットワークを設定するアプリを検索して選択します。

  3. データ管理(Data management)​ タブに移動します。

  4. ダイナミックアドネットワークのデータアクセス(Dynamic ad network data access)​ で、共有するデータを選択します。

    • アプリ内収益​ - コールバックの{revenue}プレースホルダーを使用して、アプリ内収益をネットワークと共有します。
    • パラメーター​ - コールバックの{partner_parameters}プレースホルダーを介して、SDKからパートナーパラメーターをネットワークと共有します。
  5. 保存(Save)​ を選択します。


➡️ 次:リンク設定の確認