iOS向けAdjust SDKの使用を開始する

Adjust iOS SDKを実装することで、アトリビューションやイベントなどのさまざまなデータをiOSアプリで計測できます。以下の手順に従って、Adjust SDKをアプリに実装してください。また、GitHubのAdjustのサンプルアプリもご覧ください。

ステップ1:環境を設定する

Adjust SDKを使い始めるには、SDKをdependencyとしてプロジェクトに追加してください。

重要:
Adjust SDKはiOS 9以降のバージョンに対応しています。

Cocoapods

Carthage

Swift Package Manager

フレームワークとして追加する

ステップ2:SDKを実装する

Cocoapods

Carthageとframeworkのインポート

ステップ3:iOS frameworksを追加する

特定のiOS frameworksをアプリに実装すると、Adjust SDKは追加の情報を取得できます。フレームワークを追加し、それらを オプション​ としてマークすると、Adjust SDKの追加機能が有効になります。 プロジェクト設定(Project Settings)​ > ビルドフェーズ(Build Phases)​ > バイナリをライブラリにリンク(Link Binary With Libraries)​ でフレームワークを追加できます。

Framework説明注意
AdSupport.frameworkSDKがIDFA値と(iOS 14以前の)LAT情報にアクセスするには、このframeworkが必要です。アプリが「子供向け」カテゴリーをターゲットにしている場合は、このframeworkは実装しないでください。
AdServices.frameworkこのフレームワークは、Apple Search Ads アトリビューションを処理するのに必要です。
StoreKit.frameworkiOS 14以降において、このframeworkはSKAdNetwork frameworkにアクセスし、SKAdNetworkとの通信をAdjust SDKで自動的に処理できるようにします。
AppTrackingTransparency.frameworkiOS 14またはそれ以降において、このframeworkはSDKがトラッキングに対する同意を確認するダイアログをラップし、ユーザーの許諾状況を示す値にアクセスします。アプリが「子供向け」カテゴリーをターゲットにしている場合は、このframeworkは実装しないでください。
WebKit.frameworkこのフレームワークを使用すると、アプリでWeb viewが使用できます。アプリがWeb viewを使用している場合にのみ必要です。

ステップ4:SDKを初期化する

全ての必要なframeworkを追加したら、アプリ内でAdjust SDKを初期化できます。これを行うには、アプリトークンを使ってADJConfig objectとアプリを実行したい環境を初期化します。

重要:
テストを実行する際は、環境が ADJEnvironmentSandbox に設定されていることを確認してください。アプリをApp Storeに提出する前に、これをADJEnvironmentProductionに変更してください。

標準設定

iMessageのセットアップ

Web Bridgeの設定

ステップ5:ログを設定する

注意:
全てのログを無効化したい場合は、 ADJConfigインスタンスでallowSuppressLogLevelをtrueに設定し、値のADJLogLevelSuppresssetLogLevelメソッドを呼び出します。

Verboseログを設定するには、 ADJConfigインスタンスでlogLevelプロパティを使用します。 これを有効にするには、appDidLaunchを呼び出す前にこれを行ってください。

Objective-C
Swift
Javascript
[adjustConfig setLogLevel:ADJLogLevelVerbose];

ステップ6:アプリをビルドする

設定が完了しました。これでアプリの構築と実行が可能になります。ログを有効化して、問題がないかを確認してください。Adjust SDKを使ってユーザーのアトリビューションを開始することができます。