イベントの追加

アプリイベントはユーザーエンゲージメントを計測します。アプリのアプリ内イベントを定義することで、ユーザー登録、カートへの追加、レベルアップなどを計測でき、収益イベントを設定してアプリ内購入やトランザクションを記録できます。

イベントを設定する目的:

  • インストール後のユーザー行動を把握する
  • ユーザーが最も好むアプリ機能を明らかにする
  • ユーザーが非アクティブになる前に、最後に取る行動を特定する

事前準備

はじめに、以下の設定手順をご覧ください。

要件

このモデルについて

Adjustは以下のアクティビティをすでに計測しているため、これらに対してイベントを作成する必要はありません。

  • インストール(Installs)
  • クリック(Clicks)
  • インプレッション(Impressions)
  • セッション(Sessions)
  • リアトリビューション(Reattributions)

アプリイベントはいくつでも記録できますが、ファネルを絞り込んで、実用的なデータを取得することを推奨します。例えば、正確なステージ完了やトランザクションタイプのデータを得るためにマイルストーンを記録することができます。どのイベントを作成すればいいかわからない場合は、業界別のイベントの推奨例をご覧ください。

イベントの追加

Adjust Suite上のイベントオーバービューのスクリーンショット。
  1. AppView​ で 全てのアプリ(All apps)​ を選択します。

  2. アプリを選択します。

  3. イベント(Events)​ タブを選択します。

  4. イベントを追加(Add event)​ を選択します。

  5. アプリ内 イベント名​ を入力します。

  6. イベントをデバイスごとに一度だけ記録するようAdjustに指示するには、 これは一意のイベントです(This is a unique event)​ を選択します。

    • 例:登録イベント
  7. イベントを追加(Add event)​ を選択します。これで一意のイベントトークンがイベントに作成されました。

イベントトークンを作成したら、 イベントを記録するのにAdjust SDKとサーバー間連携のどちらを使用するかを決定​ してください。どちらの方法も効果的ですが、SDKの場合はコードに直接変更を加える必要があるため、より多く開発者の時間を必要とします。

ユニークイベント

イベント計測

イベントトークンが作成され、イベント計測の設定ができるようになりました。2つの方法でイベントを計測します。

Adjust SDK

サーバー間(S2S)設定

イベントの重複排除

収益の重複排除機能は、同一の購入イベントが重複してレポートされるのを防ぎます。 これを実行することにより、データセットが保護され、正確性が高まります。 イベントの重複排除を行うには、設定メソッド別の手順に従ってください。

Adjust SDK

サーバー間イベント数

コールバックパラメーターでカスタムデータを受信する

コールバックパラメーターを使用すると、登録イベントの内部ユーザーIDなど、イベントに関する追加情報が受け取れます。

アトリビューション、セッション、イベントに対してコールバックパラメーターを設定できます。これらのパラメーターはアプリに固有で、コールバック文字列に表示されます。コールバックパラメーターはローデータとしてレポートされ、Datascapeには表示されません。

コールバックパラメーターはAdjust SDKに実装するか、サーバー間イベントに追加する必要があります。コールバックパラメーターを設定するには、以下のイベント連携の手順に従ってください。

Adjust SDK

サーバー間イベント数

イベントの管理

イベントトークンをコピーする

イベントトークンをコピーして開発者と共有するには、イベントのイベントトークンの横にある (コピー)を選択します。

イベントを非表示にする

Adjustでは、3ヶ月以上経過しかつ履歴のないイベントを自動的に非表示にします。使用していないイベントを非表示にして、アプリ内イベントのファネルを最新の状態に保ちましょう。

使用されていないイベントを非表示にするには、イベントの アクション(Actions)​ の(非表示)を選択します。

非表示のイベントがトリガーされると、Adjustはそのイベントをアクティブイベントリスト、ダッシュボード、レポートに自動的に表示します。また、KPIサービスを通じて、非表示のイベントデータをエクスポートすることが可能です。

イベントを再表示する

イベントを再度表示させると、非表示になっていた間に記録されたアクティビティを含む全てのデータがダッシュボードに表示されます。

イベントを再表示するには、以下の手順に従ってください。

  1. 非表示のイベントを表示する (Show hidden events)​ をONにします。
  2. 非表示のイベントの アクション(Action)​ の(非表示)を選択します。

これで、イベントの新たなデータと計測された履歴データが、ダッシュボードとレポートに表示されます。非表示になっていた間のイベントコンバージョンのデータもこれに含まれます。

イベントを無効化する

特定のイベントの計測を停止する場合は、AppView外で無効にする必要があります。 イベント計測を無効にする方法は実装によって異なりますが、次のように設定できます。

Adjust SDK

s2s

業界別のイベントの推奨例

アプリイベントをどのように設定すればいいかお悩みですか?以下のようなイベントでコンバージョンファネルを設定してみましょう。ユーザーによってより多くトリガーされるイベントや、リエンゲージメントが明らかになります。



各イベントをアプリのカテゴリごとにリストアップしましたが、必要に合わせてファネルをカスタマイズ、または組み合わせてください。

ゲーム

Eコマース