日本語

イベントトラッキング

Adjust SDKでイベントをイベントトークンと関連付けることで、その情報を計測できます。Adjust管理画面で計測したいイベントごとに、イベントトークンを作成してください。

例えば、アプリ内のボタンがタップされるたびにトラッキングしたい場合は、イベントトークンを設定してください。このイベントトークンを使って、ユーザーがボタンをタップするたびにtrackEventメソッドを呼び出すようにします。

Java
Javascript
AdjustEvent adjustEvent = new AdjustEvent("abc123");
Adjust.trackEvent(adjustEvent);

ログを有効化している場合、イベントがログされたことを示すメッセージが表示されます。

収益のトラッキング

イベントトラッキングを使用すると、アプリ内で収益を生むアクションを計測できます。これには、広告エンゲージメントやアプリ内課金が含まれます。例えば、1回のタップが1ユーロセントの価値がある場合、以下のようにして収益イベントを計測できます。

Java
Javascript
AdjustEvent adjustEvent = new AdjustEvent("abc123");
adjustEvent.setRevenue(0.01,"EUR");
Adjust.trackEvent(adjustEvent);

通貨トークンは、ISO 4217規格に則って3文字の文字列にする必要があります。Adjustバックエンドがその後選択したレポート通貨にて自動変換します。詳細は、複数通貨での購入計測に関するガイドをご覧ください。

収益とイベントトラッキングについては、イベント計測ガイドをご覧ください。

イベントの重複排除

イベントの重複計測を防ぐため、オプションとして任意のIDをパスすることもできます。SDKが最新10件のIDを記憶し、収益イベントに紐づけられたトランザクションIDが重複している場合、そのイベントを排除します。IDを設定するには、AdjustEvent.setOrderId()メソッドを呼び出してください。

Java
Javascript
AdjustEvent adjustEvent = new AdjustEvent("abc123");
adjustEvent.setRevenue(0.01,"EUR");
adjustEvent.setOrderId("{OrderId}");
Adjust.trackEvent(adjustEvent);

コールバックパラメータ

Adjust管理画面でイベントのコールバックURLを登録することができます。SDKがイベントをトラッキングすると、Adjustバックエンドは設定したコールバックURLにGETリクエストを送信します。商品IDなどの独自のカスタムID(コールバックパラメーター)を送信することが可能です。イベント計測前にaddCallbackParameterメソッドをコールするよう実装してくださいAdjustバックエンドは、コールバックパラメーターをコールバックURLに追加して送信します。

SDKはコールバックパラメーターをサーバーに送信します。イベントのパラメーターを設定すると、SDKはそれらをコールバックURLに追加します。この情報を使用して、自社のBIシステムでユーザーのアプリ内行動を分析できます。

例えば、URL http://www.mydomain.com/callbackが登録されていて、次のようにイベントをトラッキングするとします。

Java
Javascript
AdjustEvent adjustEvent = new AdjustEvent("abc123");
adjustEvent.addCallbackParameter("key","value");
adjustEvent.addCallbackParameter("foo","bar");
Adjust.trackEvent(adjustEvent);

Adjust SDKはイベントをトラッキングし、コールバックパラメーターが追加されたURLにリクエストを送信します。

https://www.mydomain.com/callback?key=value&foo=bar

CSVレポートを使用している場合、CSVの定義にパラメーターを追加するようにしてください。

Adjustでは、SDKからURLに情報を渡すために、様々なプレースホルダーをサポートしています。例えば、{gps_adid}プレースホルダーを使用してデバイスの広告IDを渡すことができます。{publisher_parameter}プレースホルダーは、単一の文字列での全てのコールバックパラメーターを表します。

注意:
Adjustは、カスタムコールバックパラメーターを保存しません。カスタムパラメーターは、コールバックURLにのみ追加されます。

使用可能なプレースホルダー(パラメーター)の一覧やURLコールバックの詳細は、コールバックガイドを参照してください。

パートナーパラメーター

パートナーパラメーターを追加することで、ネットワークパートナーに追加情報を送信できます。

Adjustは、設定した外部パートナーにパートナーパラメーターを送信します。この情報は、より詳細な分析やリターゲティングにおいて役立ちます。パートナーパラメーターを設定して有効化すると、バックエンドはこれらのパラメーターを転送します。

例えば、product_id情報を購入イベントまたはログインイベントでのuser_idと一緒に渡すことができます。コールバックパラメーターとは違い、パートナーパラメーターはデフォルトではローデータに表示されません。{partner_parameters}プレースホルダーを使用して、これらを単一の文字列で受け取ることも可能です。

パートナーパラメーターは、コールバックパラメーターと同様に機能します。イベントにaddPartnerParameterメソッドを呼び出して追加してください。

Java
Javascript
AdjustEvent adjustEvent = new AdjustEvent("abc123");
adjustEvent.addPartnerParameter("key","value");
adjustEvent.addPartnerParameter("foo","bar");
Adjust.trackEvent(adjustEvent);

コールバックID

計測ししたいイベントにカスタムIDを追加でき、Adjustバックエンドは、イベントコールバックでこのIDをレポートできます。このIDにより、どのイベントが正しくトラッキングされたかを知ることが可能になります。イベントにsetCallbackIdメソッドを呼び出して、このIDを設定してください。

Java
Javascript
AdjustEvent adjustEvent = new AdjustEvent("abc123");
adjustEvent.setCallbackId("Your-Custom-Id");
Adjust.trackEvent(adjustEvent);