日本語

3. ATTの同意プロンプトを表示する

iOS 14.5以降を実装したデバイスでiOSの広告ID(IDFA)を収集するには、App Tracking Transparencyの同意プロンプトを表示する必要があります。このプロンプトで、ユーザーはトラッキングの優先順位を設定したり、デバイスのIDFAへのアクセスを許可または拒否したりすることができます。全てのユーザーのトラッキング許可はデフォルトでオプトアウトに設定されているため、ユーザーが自らデバイスのIDFAへのアクセスを許可する必要があります。

ユーザーの同意を得るには以下を行う必要があります。

  1. プリパーミッションプロンプトを使用​ - ユーザーのオプトイン率が向上するため、Adjustが強く推奨するオプションです。
  2. ATT同意プロンプトを実装​ - iOS 14.5以降のデバイスに必要です。

デバイスのATTステータスが0(「Not Determined(未決定)」)の場合にのみ、ユーザーから同意を得る必要があります。同意ステータスに関する詳細は、ローデータエクスポートで同意ステータスを受け取るをご覧ください。

注意:
ユーザーがアプリを再インストールする度に、プリパーミッションプロンプト(ある場合)とATT同意プロンプトを表示する必要があります。これは、アプリがアンインストールされた後は、Appleはユーザーの同意ステータスを保持しないためです。

プリパーミッションプロンプトを使用

プリ パーミッション プロンプトは、ユーザーにATT同意プロンプトが表示される理由を説明し、オプトインを促すことができます。プリ パーミッション プロンプトを設定すると、アプリの審査通過に役立ち、オプトイン率を最適化できます。

ユーザー同意をリクエストする前に、このガイドを読んでユーザーのトラッキングへの同意を促す方法をご確認ください。

ヒント:
プリパーミッションプロンプトは、それ自体が同意プロンプトとして機能するべきではありません。Appleは、ユーザーがこのプロンプトによって十分な情報を得た上で判断できるようにするべきだと主張しています。ユーザーのとる行動に影響してはなりません。

ATT同意プロンプトの実装

ユーザーのIDFAを取得するには、各ユーザーがオプトインをする必要があります。これには、この情報をすでに記録している既存ユーザーも含まれます。Adjustは、ATTポップアップの実装に対する以下のアプローチをサポートしています。

注意:
Adjustは「ATTの同意ポップアップ表示後、SDKを初期化」するアプローチを推奨します。「ATTの同意ポップアップ表示後、SDKを初期化」するアプローチを使用する場合、API連携パートナー、またはアトリビューションをIDFAに依存しているネットワークで実施しているキャンペーンでアトリビューションを行うことはできません。