Roku Endemic MediaでのCTVアプリキャンペーンの計測

AdjustとRoku Endemic Mediaを連携することで、Rokuのインベントリ上で行うキャンペーンを計測し、コネクテッドTVデバイス上のアプリインストール数を計測できるようになります。スクリーンセーバーや内部チャンネルなど、プラットフォームのメディア環境からのデータを確認することが可能になります。

ここでは、AdjustダッシュボードでAdjustとRoku Endemic Mediaを連携し、Adjustデータをサーバー間(S2S)で送信する方法について説明します。

ヒント:
Rokuのインベントリ上でコネクテッドTVアプリを促進させませんか?AdjustはRokuのサービスと連携して、さまざまなタイプのキャンペーンを計測しています。 Roku OneView for CTV では、コネクテッドTVアプリ上でモバイルアプリを促進することができます。
  • OneViewでクロスデバイス計測を設定 Roku OneViewモジュール を使用して、モバイルアプリのアトリビューションとイベントデータを計測できます。
  • Roku OneViewモジュールの有効化
  • 事前準備

    はじめに、以下の設定手順をご覧ください。

    要件

    • Roku Channel ID
      • チャネルIDを確認するには、 owner.roku.com にログインしてチャネルのプロパティを表示してください。IDがアドレスバーに表示されます。

    関連用語

    用語説明
    サーバー間アトリビューションAdjust SDKと組み合わせて使用できない限定的な連携
    エンデミック広告市場本来の自然な環境で広告を配信すること

    連携の詳細

    AdjustでRokuとのサーバー間連携を行う場合は、Adjust SDKと組み合わせて使用することはできません。

    RokuはAPI連携ネットワークであるため、AdjustはRokuに全てのアプリのインストールのデータを送信し、Rokuは自社独自のエンゲージメントデータを使用してアトリビューションを行います。Rokuは14日間ルックバックウインドウを採用して、クリックやインプレッションを含む全てのエンデミックなメディア露出をアトリビュートします。

    Rokuのレポート構造

    Adjustでは、次のようにRokuキャンペーンのデータがレポートされます。

    • ネットワーク = Roku
    • キャンペーン = campaign_id
    • アドグループ = line_item_id
    • クリエイティブ = creative_id

    サポートされているデバイスID

    IDIDタイプ形式
    IDFARawのGoogle広告ID大文字、ハイフンあり
    gps_adidRawのGoogle広告ID小文字、ハイフンあり
    FIRE_ADIDAmazon Fire広告ID小文字、ハイフンあり
    win_adidWindows広告IDハイフンなし
    ridaRaw Roku広告ID
    OAIDRaw Huawei広告ID小文字、ハイフンあり

    Rokuには RIDAと呼ばれる独自のデバイスIDがあります。Rokuデバイスのユーザーは、ターゲティング広告を回避するために、いつでもリセットするか無効にすることができます。RokuがRokuデバイスのRIDAを計測できない場合でも、確率的モデリングを使用してアトリビューションを主張できます。

    ダッシュボードの設定

    Roku Endemic Mediaモジュールの連携を有効化すると、AdjustはRokuに対し、アトリビューションのためのアクティビティデータの転送を即時に開始します。

    モジュールを有効化するには、Adjustダッシュボードで次の手順に従ってください。

    1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
    2. パートナー設定 (Partner Setup)​ を選択します。
    3. 新しいパートナーを追加する (ADD PARTNERS)​ を選択し、 Roku Endemic Media​ の横の 追加(Add)​ (+) アイコンを選択します。
    4. Channel ID​ を入力します。
    5. 保存(SAVE)​ を選択します。

    イベント連携の管理

    イベントをRokuと連携するには、次の手順に従ってください。

    1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
    2. パートナー設定 (Partner Setup)​ を選択します。
    3. Roku Endemic Media​ を入力します。
    4. イベント連携(Event Linking)​ を選択します。

    Adjustが計測する各アプリ内イベントの下に、ドロップダウンメニューを含むフィールドが表示されます。ドロップダウンメニューを使用して、Adjustが計測するイベントにマッピングする事前定義済みのRokuイベントを選択します。カスタムイベントはRokuに送信できません。

    Rokuのイベント名説明
    trialデバイスがアプリのトライアル期間を開始
    sign upデバイスが製品またはサービスに登録される
    subscriptionデバイスのサブスクリプション状態を表す現在進行中のイベント
    QSS連続した動画のプレイバック時間が5分を超えるビデオビューにおいてQSSをトリガーする。例えば、ひとつのビデオビュー(60分)は単一のQSSイベントとなります。
    FQSSそのアプリの初回のQSS
    text_searchテキスト検索の開始
    voice_search音声検索の開始
    video_stream動画プレイバックの開始(動画ストリームにリクエスト)
    est_transactionESTトランザクション(Entertainment Sell Thru) - 一回きりの購入
    first_video_viewビデオビュー(初回のビデオビューはRoku FTVにマッピングされます)
    video_viewビデオメタデータ(詳細なコンテンツビュー - ネットワーク、タイトル、ジャンル、タイプ、評価などのコンテンツBOB情報)
    Ad_initiatedCSAIまたはSSAI In-Stream広告の開始

    サーバー間 (S2S) 連携

    警告:
    この機能をご利用いただくには、まずはじめにAdjustが機能を有効化する必要があります。担当のアカウントマネージャーまたはsupport@adjust.comにお問い合わせください。

    AdjustダッシュボードでRoku Endemic Mediaのモジュールが有効になると、Adjustとのサーバー間連携を設定できるようになります。この場合、S2S APIコールによって送信されるのはAdjustのアプリ内セッションとイベントデータだけです。

    要件

    • アプリ内ソリューションの要件の詳細については、Adjustのサーバー間アトリビューションチェックリストをご覧ください。
    • Adjustサーバーへのリクエストは、デバイスで発生したのと同じ連続した順番で行われる必要があります。
    • リクエストには必ずos_nameを含めてください。例:
      • android
      • ios
      • fire-tv
      • roku
      • vizio

    セッションの送信

    セッションは、Adjustの全てのアトリビューションと計測の基となるものです。ユーザーがバックグラウンドからアプリの利用を再開した時、またはアプリを起動した時にセッションがトリガーされます。

    Adjustにセッションを送信する際は、S2SセッションAPIを使用してください。

    エンドポイントhttps://s2s.adjust.com/session

    アプリ内イベントの送信

    Adjustにアプリ内イベントを送信する際は、S2SイベントAPIを使用してください。

    エンドポイントhttps://s2s.adjust.com/event

    データのエクスポート

    プレースホルダー

    ローデータエクスポートで特定のRokuデータを取得するには、以下のプレースホルダーが使用可能です。

    プレースホルダー説明
    {RIDA}RokuのデバイスID
    {roku_content_id}表示されているコンテンツまたはAd Unit ID
    {roku_placement_type}Rokuのプラットフォームで広告が配信されている場所に広告スロットの値を表示。
    `mychannels`(ホームスクリーンバナー)や `screensaver` (スクリーンセーバー バナー)などの値を含む