日本語

iOS:AppTrackingTransparencyとSKAdNetwork

iOS 14から、Appleは新しいユーザープライバシーポリシーを導入しました。この新ルールは、iOS 14以降のiOSデバイスにおけるユーザーのターゲティング施策に大きく影響します。iOS 14以降のiOSデバイスでは、トラッキング目的でデータを収集しパートナーとデータ共有をする場合、ユーザーから同意を得ることでデバイスのIDFAにアクセスできるようになります。

iOS 14以降で計測を行うには、AppleのAppTrackingTransparency(ATT)の条件に従ってください。AppleのATT frameworkを使用すると、簡単なアプリ内ポップアップセレクターでユーザーの同意ステータスを取得できるようになります。さらに、AppleのSKAdNetworkにより、ユーザーがデータ共有に同意しない場合でも、プライバシーを保護しつつユーザーエンゲージメントを計測できます。

Adjustのソリューションは、このプロセスの全ステップにおいてお客様が必要なサポートを提供します。Adjust SDKに組み込まれたATTのサポートから、SKAdNetworkキャンペーン管理、強力なレポートツールまで、iOS 14以降のキャンペーン管理のための包括的なソリューションがご利用いただけます。

Adjustのソリューション

  • AppTracking Transparencyのサポート

AdjustはApp Tracking Transparencyをサポートしており、Adjust SDKラッパー関数を使って、アプリのトラッキングの承認リクエストをユーザーに表示します。アプリで承認リクエストを表示する適切なタイミングを選択し、ユーザーのオプトイン率を最大限に高めることができます。

SDKラッパーを使えば、AppleのATT APIを実装する作業が不要になります。まずラッパーが最初に呼び出されると、iOSのポップアップがローンチします。その後、計測の承認状態をラッパーが毎回取得し、Adjustがその情報を直接お客様に中継します。このシームレスなソリューションにより、ユーザーの同意ステータスが変更する度にアップデートをリアルタイムで受け取ることができます。

  • SKAdNetworkとconversion value

SKAdNetworkのアトリビューションデータを活用して、conversion valueの管理がAdjust管理画面で簡単にできます。Conversion value期間やイベントマッピングの設定、SKAdNetworkのローデータを収集・分析し、キャンペーンの最適化を促進しましょう。

  • データキャンバス

データキャンバスでは、SKAdNetworkデータを素早くかつ簡単に可視化できます。最も多くのインストールを発生させたキャンペーンの特定だけでなく、インストールと再インストールのデータ比較など、様々な機能が利用可能です。このデータキャンバスでデータを詳細に分析し、これまでは評価できなかった傾向や相関性を明らかにしましょう。

  • Automate

Automateでは、表形式でデータのレポートを作成することができます。Automateの包括的な指標の数々を使用することで、全てのアプリ、パートナー、ネットワークを横断してiOSキャンペーンの計測が可能になります。Adjustでは、AutomateでSKAdNetworkのデータを取り扱い、SKAdNetworkキャンペーンをより簡単に管理するための各種テンプレートを用意しています。

  • ローデータエクスポート

ローデータエクスポートを使用すると、各デバイスのローデータにアクセスできます。既存のアナリティクス設定を使用して、このデータを自社のデータウェアハウスにインポートして分析することが可能です。ローデータはCSVファイルとしてクラウドストレージプロバイダーにエクスポートするか、リアルタイムコールバックでサーバーに直接エクスポートすることができます。