言語 
さらに見る 

iOS14 ユーザープライバシーに関するフレームワーク

Adjustは、AppleのiOS 14以降のリリースに対応するアトリビューションおよび広告計測のサポートを提供しています。Adjust SDKの最新バージョンに更新していただくことで、管理画面でのATTとSKAdNetworkの設定機能がご利用いただけます。以下に、iOS 14以降のリリースに向けて必要となる設定項目を説明します。

iOS 14をサポートするための手順

1. SDKをアップデートする

Adjustの最新のSDKバージョンは、AppleのiOS 14アップデートの主要点をサポートしています。これには、IDFAを収集できない場合に、確率的マッチング(Probabilistic Matching)でクリックからインストールをアトリビュートするために使用する拡張データポイントが含まれます。

注意:
Adjust SDKはXcode 11と下位互換性がありますが、iOS 14のビルドは最新のXcodeのみで機能します。新しいビルドに関しては、AppleよりXcode 12ベータ 5が提供されておりますのでご確認ください (詳細を読む)

SKAdNetwork 

 iOS / Unity / Cordova / Flutter / Titanium / Corona / Cocos2d-x / React Native

SKAdNetworkのフレームワークは、ユーザーレベルのデータにアクセスすることなくアトリビューションを行うための代替メソッドです。SKAdNetworkにアクセスするには、アドネットワークがAppleに登録し、開発者がAppleに登録されたネットワークと新しいフレームワークとの互換性がアプリにあることを確認する必要があります。

Adjust SDKはSKAdNetworkをサポートしており、デフォルトでサポートが有効に設定されています。つまり、SDKが初期化されると、AdjustはSKAdNetworkアトリビューションを自動的に記録し、コンバージョン値の更新を処理できるようになります。この機能をOFFにすることもできます。

AppTrackingTransparency (ATT) 

 iOS / Unity / Cordova / Flutter / Titanium / Corona / Cocos2d-x / React Native

アプリパブリッシャーは、アプリがユーザーのIDFAを収集および共有する場合、AppleのAppTrackingTransparencyフレームワークを使用する必要があります。ATTフレームワークは、アプリのトラッキングに対する承認リクエストをユーザーに表示し、Adjust SDKはこの承認ステータスを計測します。ユーザーは、引き続きアプリレベルでのプライバシーを管理できます。さらに、ユーザーは全てのアプリのトラッキングをグローバルレベルでブロックすることが可能です。iOS 14では、デバイスの 設定​ メニューでアプリのトラッキングをブロックできます。

Adjustでオプトインのポップアップを表示

Adjust SDKラッパー関数を使って、アプリのトラッキングの承認リクエストをユーザーに表示することができます。アプリで承認リクエストを表示する適切なタイミングを選択し、ユーザーがオプトインする確率を最大限に高めましょう。 

ATTフレームワーク向けのSDKラッパーを使うことで、AppleのATT APIを実装するために追加で作業をする必要がなくなります。ラッパーが最初に呼び出されると、iOSのポップアップが表示されます。その後は、トラッキングの承認ステータスをラッパーが毎回取得します。データはAdjustのバックエンドに送信され、Adjustはそれを直接お客様に中継します。

2. プレースホルダーのアップデート

Adjustプレースホルダー{att_status} を使うと、iOS 14以降がインストールされたデバイスを使用するユーザーのデータ共有に関する情報を受信することができます。このプレースホルダーをコールバックURLまたはCSVの定義に追加し、ローデータでATTのステータスを確認しましょう。

ユーザーのステータスは4つの整数の値によって示されます。

意味
0 (Not Determined(未決定))ユーザーがアプリ関連のトラッキングデータを共有する承認リクエストを受け取っていない場合。
1 (Restricted(制限あり))アプリ関連のトラッキングデータ共有の承認に制限がある場合
2 (Denied(拒否))アプリ関連のトラッキングデータ共有の承認が拒否された場合
3 (Authorized(承認))ユーザーがアプリ関連のトラッキングデータ共有を承認する場合 

Adjustは、{att_status}への移行がまだできないお客様のために、既存する2つのプレースホルダーの動作に変更を加え、iOS14に対応できるようにしました。 この変更は、最新SDKにアップデートした場合に有効で、iOS14.5以降のユーザーにのみ適用されます。

{tracking_enabled}および{tracking_limited}の動作は以下のように変更します。

プレースホルダー返される値
{tracking_enabled}
  • ユーザーのオプトイン ステータスが authorized の場合、 1を返す
  • ユーザーのオプトインステータスがnot determineddeniedまたはrestrictedの場合、0を返す
{tracking_limited}
  • ユーザーのオプトインステータスがnot determined 、deniedまたはrestrictedの場合、1を返す
  • ユーザーのオプトイン ステータスが authorized の場合、 0を返す

追跡型広告の制限 (LAT) KPIにおける変更

LATはiOS 14以降に廃止されるため、Adjustは管理画面の現在のKPIの動作の調整に取り組んでいます。お客様が{att_status}を利用できるようになるまで、以下の変更点に注意してください。

LAT KPIは今もなお管理画面に表示され、以下の動作に従って計上されています。 

  • att_statusrestricted​ 、 denied​ または not determined​ の場合、1を計上する
  • att_statusauthorizedの場合、 0​ を計上する

この変更は、最新SDKにアップデートした場合に有効で、iOS14.5以降のユーザーにのみ適用されます。

注意:
Appleは、追跡型広告の制限 (LAT) 設定を段階的に廃止する予定です。つまり、最新SDKにアップデートしない場合、AdjustはIDFAがあるかどうかに基づいてLAT値を設定します。IDFAがゼロの文字列の場合、LATは ONと見なされます。

iOS 14.0-14.4のみ

計測プレースホルダーとLAT

3. 追加されたコールバックアクティビティ:ATTアップデート(iOS)

iOS 14の変更点をサポートするために、Adjustはコールバックの新しいアクティビティタイプ「ATTアップデート(iOS)(ATT update (iOS))」を追加しました。これはデフォルトでグローバルコールバックに含まれており、Adjustが計測する全てのアクティビティからデータの全リストを提供します。 

今後、ユーザーの承認ステータスが変わり、お客様がグローバルコールバックを使用する際、Adjustがイベントを計測した数秒後にユーザーレベルのデータがお客様のサーバーに直接送信されます。これらのイベントをすばやく見つけるには、{activity_kind}をatt_updateでフィルタリングしてください。

グローバルコールバックURLを作成する方法については、リアルタイムコールバックに関するAdjustのガイドをご覧ください。

4. テストコンソールのサポート

以前は、デバイスの挙動をAdjust管理画面から直接確認するにはIDFAを入力する以外の方法がありませんでした。現在、テストコンソールでは、IDFVおよびADIDをサポートしています。