日本語

App Tracking Transparency(ATT)framework

Appleのガイドラインによると、 iOS 14.5iPadOS 14.5tvOS 14.5より、トラッキング目的または広告関連目的でエンドユーザーのデータを収集しサードパーティと共有する全てのアプリは、AppTrackingTransparency(ATT)frameworkを使用する必要があります。これにより、アプリパブリッシャーがiOSの広告ID(IDFA)にアクセスするには、明示的なユーザーの同意を得ることが求められます。

ATT frameworkを実装しない場合:

❌iOS 14.5以降が動作するデバイスのIDFAにはアクセスできなくなります。❌Apple Search Adsを除き、Adjustがお客様のユーザーをアトリビュートできるのは、API連携パートナーに対してのみに限定されます。

ここでは、ATTの仕組みとATTの設定方法を説明します。

計測の仕組み

アプリの初回起動時は、ユーザートラッキングがデフォルトでオプトアウトされています。ユーザーから同意を得るために、ATT frameworkはアプリのトラッキングに対する承認リクエストをユーザーに表示します。ATTリクエストはアプリごとに表示されるため、ユーザーはトラッキングを許可するアプリを選択できます。

ユーザーがトラッキングをオプトアウトした場合、IDFAは0の文字列を返します。ユーザーがオプトインした場合、IDFAが読み取り可能になり、アトリビューションに使用されます。

ユーザーはアプリレベルでプライバシー設定を管理できるほか、 Appからのトラッキング要求を許可(Allow Apps to Request to Track)OFFに設定して、グローバルレベルでトラッキングを拒否することも可能です。

注意:
ユーザーがデバイス設定で Appからのトラッキング要求を許可(Allow Apps to Request to Track)ONに設定している場合のみ、ATTの同意ポップアップが表示されます。

Appからのトラッキング要求を許可(Allow Apps to Request to Track)​ がアプリのライフタイムの途中に変更された場合、以下のようになります。

「Appからのトラッキング要求を許可(Allow Apps to Request to Track)」をOFFに変更する

「Appからのトラッキング要求を許可(Allow Apps to Request to Track)」をONに変更する

Adjustがインストールとアプリ内イベントを計測する方法

Adjustでは、アプリ内で発生するユーザーアクティビティの計測にADID(AdjustのデバイスID)を使用しています。ADIDは、デバイスのIDFV(常に取得可能)および/またはIDFA(取得可能な場合)に基づいて生成され、ハッシュ化されたIDです。IDFAへのアクセスが制限されている場合は、AdjustはデバイスのIDFVを使用することで、ADIDによるアプリ内アクティビティの計測が可能になります。

オプトインしたユーザーに対しては、AdjustはIDFAを使用してアトリビューションを計測します。IDFAが取得できない場合、Adjustは確率的アトリビューションとSKAdNetworkによるアトリビューションをフォールバックとして、または、IDFAをベースにしたアトリビューションとそれらを並行して使用します。

ユーザーが同意しない場合でもAppleがIDFVの取得を許可するのはなぜですか?

ATTでのディープリンク

ディープリンクは、ユーザーが見たいアプリ内のコンテンツに直接ユーザーを誘導することによって、ユーザー体験を向上させる基本的な方法です。ATT frameworkの実装後、ATT規制に対する回避策として使用しない限り、ディープリンクは引き続き機能します。

ディファードディープリンクは、最初にアプリをインストールするためにApp Storeを経由してユーザーをルーティングした後、アプリ内の場所にユーザーを送ります。オプトアウトしたユーザーに対しては、ディファードディープリンクが制限される場合があります。

ATTの使用を開始する

AdjustのATTソリューションを使用することで、アプリのトラッキングの承認リクエストをユーザーに表示する設定が簡単に行えます。Adjustのソリューションをご使用にならない場合は、アプリに手動でコードを追加して、ユーザーへの承認リクエストを行なってください。

AppTrackingTransparency (ATT) frameworkでキャンペーンを開始するためのステップは、以下のとおりです。

  1. Adjust SDKでATTを設定​ - Adjust SDKにはATTおよびATTプロンプトのサポートが含まれます。お客様の開発者に、Adjust SDKでATTを設定するよう依頼してください。
  2. プライバシーの詳細をAppleに提出​ - iOS 14.5以降、Appleはお客様に対し、ユーザーデータの使用目的に関する情報を要求しています。App Storeでアプリを更新または提出する際は、収集されるデータポイントとその目的を分類する必要があります。詳細は、App Storeのアプリプロダクトページでご確認ください。
  3. ATT同意プロンプトの表示​ - お客様がユーザーをトラッキングするには、ユーザーがそれに同意する必要があります。開発者は、同意をリクエストするATT同意プロンプトを表示する必要があります。ユーザー同意をリクエストする前に、このガイドを読んでユーザーのトラッキングへの同意を促す方法をご確認ください。
  4. ATT同意情報を受け取る​ - ユーザーの同意ステータスを受け取るには、ローデータエクスポートで{att_status}プレースホルダーを使用します。ユーザーが同意のステータスを変更する場合、Adjust SDKはグローバルコールバックで att_update​ のアクティビティタイプをトリガーします。
  5. 管理画面でATT設定を確認​ - Adjust管理画面でATT設定を確認して、全てが正しく設定されているかを確認します。