日本語

iOSとSKAdNetwork

2020年、Appleは新たなユーザープライバシーポリシーを発表しました。これはiOS 14以降のデバイス上のターゲティング施策に大きく影響します。さらに、今回のアップデートに伴いATT frameworkとSKAdNetworkが導入されました。iOS14では、アプリ開発者はユーザーデータのトラッキングに対して同意を求める必要があります。同意が得られなければIDFAにアクセスすることができません。

Adjustのソリューションは、マーケターや開発者がATT frameworkとSKAdNetworkにスムーズに移行できるようにサポートします。ユーザーの同意ステータスに関するアップデートの受信から、conversion value期間の設定、さらに多用途なデータキャンバスによるSKAdNetworkデータの視覚化まで、Adjustはお役立ていただける様々なソリューションを提供しています。

Adjustのソリューション

  • AppTracking Transparencyのサポート

AdjustはApp Tracking Transparencyをサポートしており、Adjust SDKラッパー関数を使って、アプリのトラッキングの承認リクエストをユーザーに表示します。これにより、アプリで承認リクエストを表示する適切なタイミングを選択し、ユーザーのオプトイン率を最大限に高めることができます。

SDKラッパーを使うことで、AppleのATT APIを実装するための追加作業が必要ありません。ラッパーが最初に呼び出されると、iOSのポップアップが表示されます。その後は、ラッパーが計測の承認状態を毎回取得し、Adjustがその情報を直接お客様に中継します。このシームレスなソリューションにより、ユーザーの同意ステータスが変わった時にリアルタイムでアップデートを受け取ることができます。

  • SKAdNetworkとconversion value

SKAdNetworkのアトリビューションデータを活用して、conversion value期間とイベントマッピングの設定など、Adjust管理画面で簡単にconversion valueの管理ができます。そしてSKAdNetworkのローデータを収集して分析し、キャンペーンの最適化を促進しましょう。

  • Adjust データキャンバス

Adjust データキャンバスでは、SKAdNetworkデータを素早くかつ簡単に視覚化できます。最も多くのインストールを発生させたキャンペーンの特定だけでなく、インストールと再インストールのデータ比較など、様々な機能が利用可能です。このデータキャンバスでデータを詳細に分析し、これまでは分からなかった傾向や相関性を明らかにしましょう。

その他のリソース

以下のリソースは、iOS 14のアップデートに向けての準備にご活用いただけます。