Languages 
  • English
  • 中文
  • 日本語

Adjust移行ガイド

Adjustの計測をスムーズに開始するための移行プランを説明します。このプランは、移行作業の所要時間に約1か月間のタイムラインを設けた場合に基づいています。各手順はおよそ1週間で完了します。連携手続の詳細とスケジュールの調整については、専任のAdjustセールスエンジニアまでお問い合わせください。

管理画面の設定とデータのインポート

はじめに、Adjust機能に関するデモを参考にして、Adjust管理画面でアプリを設定します。

デモの内容:

  • アプリとアプリ内イベントを設定する方法
  • ローデータのコールバックまたはローデータのアップロードを設定する方法

管理画面の設定が完了したら、管理画面へのアクセス権限を付与したいユーザーのアカウントを設定します。次に、Adjust担当者が既存のユーザーデータのインポートを行います。

データのインポートには、CSVファイル形式で次の情報を提供していただく必要があります。注意:CSVファイルは、プラットフォームごと(iOS、Androidなど)に分けてください。

要件

CSVファイルには、次のフィールドが記載の順序で含まれていることを確認してください。

  • 必須: デバイスID
  • 必須: Unix install timestamp
  • ネットワーク名
  • キャンペーン名
  • アドグループ名
  • クリエイティブ名

CSVファイルの要件は以下のとおりです。

  • UTF-8 形式
  • コンマ区切り(修飾子が引用符)
  • Unix install timestamp を整数(秒単位)で指定 

以下の構造に従い、Imported Devicesという名称の最上位レベル(ネットワーク)の下にインポートしたすべてのデバイスをグループ化することをお勧めします。このトップレベルトラッカーの下には、既存のキャンペーン構造を三つのサブレベルの深さまで掘り下げることができます。

ファイル内のデータは次のように表示されます。

idfa,timestamp,network,campaign,adgroup,creative
8C6CBCOD-5F43-4765-A6E6-84DFF3D24707,1403568000,Imported Devices,Network,Campaign,Publisher ID (or similar)

キャンペーン構造の詳細情報が提供されない場合、Adjustはインポート済みのすべてのデータをImported Devicesという名称のトップレベル(ネットワーク)トラッカーの下に自動的にグループ化します。また、データがタイムスタンプなしで提供される場合、Adjustはインストールのタイムスタンプにインポート日を使用します。

: インポート済みのユーザーは管理画面のレポートには自動的に表示されません。インポート済みの各ユーザーをAdjustのデータセットに追加するには、(Adjust SDKが統合されているアプリバージョンで)アプリセッションをトリガーする必要があります。

AdjustではiOSデバイスとAndroidデバイスをインポートできます。各プラットフォームに必須のデバイスIDは次のとおりです。

いいえストアデバイスID
AndroidGoogle Play StoreGPS_ADID
AndroidAmazon App StoreAndroid ID
iOSiTunes App StoreIDFA

CSVファイル名には、アプリトークンとプラットフォームを含めてください。たとえば、iTunes用アプリで、アプリトークンがsgnadsdg354gfanの場合、sgnadsdg354gfan_iOS.csvの命名規則を含むファイルを送信する必要があります。

データのインポートが完了次第、Adjustからお知らせします。

ステップ 1:SDKの実装とテスト

Adjustが既存のユーザーベースをインポートする間に、Adjust SDKの実装とテストを開始することができます。

すべてのAdjust SDKについては、 Adjust GitHubページを参照ください。

開発者が実装とテストを実行する間に、Adjust管理画面でテストデータの確認やレビューを行うことができます。SDK実装テストはすべて、sandbox modeに設定されたSDK環境で実施する必要があります。

開発者がSDKの実装についてご不明な点がある場合、または実装プロセスに関するマンツーマンの詳細な説明をご希望の場合は、ご要望に応じてワークショップを実施することも可能です。

SDKをテストする場合は、AdjustデバイスAPIのご利用をお勧めします。

セールスエンジニアがSDKが正常に実装されたことを確認し、ユーザーのインポートを完了すると、Adjustでは、Adjust SDKが実装された新バージョンのアプリを必要なアプリストアに提出することを許可します。

: データのインポートが完了する前に、アプリをアプリストアに申請しないでください。申請した場合、既存のユーザーベースがAdjustでの新規ユーザーとしてカウントされます。

ステップ 2:キャンペーンの設定

Adjustキャンペーンウィザードを使用すれば、作成したトラッカーを簡単に編集できます。その後、Adjustがキャンペーンワークショップを実施して、お客様の設定プロセスをサポートいたします。

設定内容:

  • 計測可能なキャンペーンのタイプ
  • 受信可能な情報のレベル
  • トラッカーURLを作成する方法
  • パートナーモジュールを有効にする方法
  • Adjustのアトリビューション方法

こちらのワークショップ実施後、ネットワークパートナーにキャンペーンの設定を依頼することが可能になります。

: ネットワークのテストは、Adjust SDKが実装されたアプリバージョンがアプリストアで公開されるまで開始しないでください。

キャンペーンが開始されると、Adjustのセールスエンジニアが、計測設定とレポート機能の動作が正常かどうか確認します。

ステップ 3:分析と最適化

(SDKが適切に実装された)アプリがアプリストアで公開され、キャンペーンデータがAdjustで計測されると、Adjustが最終的なワークショップを実施します。

設定の内容:

  • データを分析する方法
  • レポートの取得方法
  • ローデータの送信方法
  • ユーザー獲得戦略の実施方法に関する推奨事項

これにより、Adjust機能や計測データを最大限に活用する上で必要なツールと知識をすべて獲得できます。アドバイスや説明をご希望の場合は、Adjustのサポート担当者または support@adjust.comまでお問い合わせください。