日本語

基本的なイベント設定

イベント計測により、ユーザーアクティビティが計測できます。ユーザーアクティビティには登録、ログインまたは購入イベントが含まれます。基本的なイベントデータを取得することで、コンバージョンチェーンに関するインサイトが得られ、ユーザージャーニーの要点を把握でき、アプリ成長の機会が明らかになります。

Adjustでイベントを計測するには、基本的な設定手順を参考にしてください。完了したらイベントの詳細設定に移動して、連携設定をカスタマイズしてください。

事前準備

事前準備として、以下の内容をご確認ください。

参考

  • Adjustは以下のアクティビティをすでに計測しているため、これらに対してイベントを作成する必要はありません。

    • インストール数
    • クリック数
    • インプレッション
    • セッション
    • リアトリビューション
  • Adjustはイベントごとに最大1MBのデータを処理し、必要な情報を常に受け取れるようにします。

イベントトークンの作成

Adjustはイベントを計測するのに、イベントトークンと呼ばれるユニークなIDを使用します。イベントトークンを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. 管理画面で、該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
  2. その他の設定 (All Settings)​ > イベント (Events)​ を選択します。
  3. モジュール下部の 新規イベントを追加(CREATE NEW EVENT)​ にイベント名を入力します。
  4. 作成(CREATE)​ を選択します。

設定が完了しました。イベントトークンが作成されましたので、続けて設定を行ってください。

イベント計測の設定

イベントトークンが作成され、イベント計測の設定ができるようになりました。Adjustは、次の2つの方法でイベントを計測します。

どちらの方法も効果的ですが、SDKで計測するにはコードに直接変更を加える必要があるため、より多く開発者の時間を必要とします。いずれの方法を選択するにしても、早い段階でアプリ開発者に相談した上で連携設定を実施してください。

Adjust SDKでイベントを計測

はじめに、Adjust SDKでイベント計測を設定する必要があります。以下のリンクから、お使いのプラットフォームの手順に従ってください。

📖 手順

サーバー間(S2S)イベントの計測

サーバー間(S2S)イベントの計測により、アプリの外部で起こるイベントを計測できます。この方法を使用すると、Adjust SDKのコードサイズも縮小されます。