言語 
さらに見る 

アンインストールと再インストールの計測

Adjustのアンインストール・再インストール計測は、アプリの継続率の分析に貢献する機能です。ユーザーがデバイスからアプリをアンインストールもしくは再インストールしたタイミングを把握することで、オーガニックデータと連携パートナーのパフォーマンスを正確に評価し、ユーザーの離脱や行動サイクルを分析することができます。

事前準備

要件

  • Adjustのアンインストール・再インストール計測機能をご契約いただく必要があります。

    • 詳細はAdjustのセールスマネージャーまたはsales@adjust.comまでお問い合わせください。
  • iOS​ :Adjust SDK バージョン4.18.1 以降

  • Android​ :Adjust SDKバージョン4.12以降

  • Push通知トークンをAdjustに送信されるようアプリ設定(有効化)がされていること。Adjustはこれらの通知を使用して、アプリがインストールされているかどうかを確認します。iOSおよびAndroidにおける実装ガイドラインを参照してください。

参考

  • 再インストールはAdjustではアプリ内イベントとみなされるため、自動的にリアトリビュートされません。

KPI、コールバック、Amazon S3バケットのアップロード、およびオーディエンスビルダー機能のアンインストールと再インストールの詳細については、次のセクションをご覧ください。

1~4:Adjustでアプリのプッシュトークンを取得します

1/2

iOSのアンインストールおよび再インストールを計測

Adjustによるアプリのアンインストールおよび再インストール計測は、サイレントプッシュ通知の仕組みを利用して、アプリがデバイスにインストールされているかどうかを確認します。iOS上でプッシュ通知の送信をお客様のアプリに設定するための開発者向け手順については、以下をご覧ください。

Adjustがアンインストールと再インストールをトラッキングするためのiOSアプリの設定方法を以下に説明します。

要件

  • Xcodeで、リモート通知を有効化するように設定されたバックグラウンドモード機能

  • iOSプッシュ通知サービスの証明書

    • アプリのApple開発者ポータルにアクセスできる人なら誰でも、管理画面の Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロフィール)​ セクションからこの証明書をダウンロードすることができます。
    • このファイルをP12としてエクスポートし、アプリの プラットフォーム(Platforms)​ 設定(下記参照)でAdjustに(関連パスワードとともに)アップロードする必要があります。これにより、アプリでプッシュ通知を使用する権限が付与されます。
  • アプリの プラットフォーム 設定内に入力した バンドルID

iOSプッシュ通知サービスの証明書をエクスポート

既存の証明書をエクスポートするには、Keychain Accessアプリで以下の手順に従ってください。

  1. Certificates(証明書)​ カテゴリを選択します。
  2. 関連する Apple Push Services(Apple プッシュサービス)​ 証明書を右クリックします。プライベートキーやその他の証明書は含めないでください。
  3. Export "Apple Push Services: your.bundle.id"("Appleプッシュ通知サービス: your.bundle.id"をエクスポートする)​ を選択します。
  4. エクスポートに名前を付けます。
  5. Personal Information Exchange (.p12)(個人情報の交換(.p12))​ を File Format(ファイル形式)​ ドロップダウンメニューから選択します。
  6. 保存(SAVE)​ を選択します。
  7. オプション :パスワードを入力すると、このファイルをAdjust管理画面にアップロードする際にパスワードの入力が必要になります。
  8. OK​ を選択します。

新しい証明書を作成する場合は、以下のタイプのいずれかを使用してください。

  • Apple プッシュ通知サービスSSL(サンドボックス)
  • Apple プッシュ通知サービスSSL(サンドボックスおよび本番用)

証明書をAdjust管理画面へ正常にアップロードするには、証明書は CN=Apple Push Services を使用する必要があります。

警告:
以下のタイプの証明書は使用できません。 macOS Apple Push Notification service SSL (Production)

AdjustアカウントにiOSプッシュ通知サービスの証明書をアップロード

Adjust管理画面にて

  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. その他の設定 (All Settings)​ > プラットフォーム (Platforms)​ を選択します。
  3. APNs​ を選択します。
  4. ファイルを選択し(SELECT CERTIFICATE FILE)​ をクリックします。
  5. 証明書ファイルを確認し 開く(Open)​ を選択します。
  6. 証明書の作成時にパスワードを入力した場合、 パスワード(PASSWORD)​ フィールドにそのパスワードを入力します。
  7. 保存(SAVE)​ を選択します。

iOSプッシュ通知サービスの証明書を更新

プッシュ通知サービスの証明書は、作成日から1年間有効です。アンインストールと再インストールを継続的に計測するには、有効期限が切れる前に証明書を更新しておく必要があります。Adjustは、証明書の有効期限の2週間前にメールにてお知らせします。そのメールを受信したら、次の手順を実行してください。

Apple Developerポータルにて

  1. ホーム画面の右上にある Account(アカウント)​ を選択します。
  2. Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロフィール)​ を選択します。
  3. ホーム画面の右上にあるプラス(+)アイコンを選択します。
  4. Production(プロダクション)​ の下にある、 Apple Push Notification service SSL (Sandbox & Production)(Apple プッシュ通知サービスSSL(サンドボックスとプロダクション))​ をオンにします。
  5. Continue(続ける)​ を選択します。
  6. App ID(アプリID)​ ドロップダウンメニューから、アプリIDを選択します。
  7. Continue(続ける)​ を選択します。
  8. 指示に従ってCSRファイルを作成します。
  9. Continue(続ける)​ を選択します。
  10. Choose File(ファイルを選択)​ ボタンを選択して、新たに作成したCSRファイルをアップロードします。
  11. Continue(続ける)​ を選択します。
  12. Download(ダウンロード)​ を選択します。
  13. ダウンロードリストまたはフォルダから新たにダウンロードした証明書のファイルを開き、キーチェーンアクセスに追加します。
  14. AdjustアカウントにiOS プッシュ通知サービスの証明書をアップロードする手順を実行します。

Androidのアンインストール・再インストール計測

Adjustのアンインストールおよび再インストール計測では、サイレントPush通知を使用して、アプリが端末にインストールされているかどうかを確認します。アンインストールおよび再インストールを計測するための開発者向け設定方法については、下記をご覧ください。Firebase Cloud Messagingを使用してアプリとAdjust SDKにPush通知を設定済みの場合は、FCMサーバーキーを確認する方法に進んでください。

​ :Firebase Cloud Messaging(FCM)を使用してアプリのPush通知を設定する必要があります。Google Cloud Messaging(GCM)はサポートされていません。

要件

FCMサーバーキーの確認方法

Firebaseコンソールにて

  1. 設定(歯車)アイコン > プロジェクト設定 (Project settings)​ を選択します。
  2. Androidのダブを開き、 クラウドメッセージング (CLOUD MESSAGING)​ を選択します。
  3. サーバーキー (Server key)​ のトークンを確認します。

AdjustアカウントへFCMサーバーキーを追加

Adjust管理画面にて

  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. その他の設定 (All Settings)​ > プラットフォーム (Platforms)​ を選択します。
  3. Firebase Cloud Messaging​ を選択します。
  4. FCM KEY​ フィールドにFCMキーを入力または貼り付けてください。
  5. 保存(SAVE)​ を選択します。

アンインストールと再インストールについてよくあるご質問

アプリがインストールされた時、Adjustはそれをどのようにレポートしますか?

Adjust SDKは、すべてのデバイス上にある各アプリのPushトークンを記録します。アプリがインストールされると、AdjustはPushトークンを使用して、Apple Push Notificationサービス (APN) やFirebase経由でアプリにPush通知を転送します。Firebase (Android) とAPN (iOS) のレスポンスは毎日 (UTC) 処理され、更新されます。管理画面には、最も関連性が高く利用可能なデータセットが反映されます。

APNとFirebaseは、それらのレスポンスで、アンインストールの日付から1週間以上後までのアンインストール日を提供できます。そのため、Adjustは、最も最近のセッションの日時を使用してアンインストールをレポートします。

​ 最後のセッション = 1月1日(月)06:00

アンインストール検出 = 1月5日(金)13:00

Adjustによるアンインストールのレポート = 1月1日(月)06:00

サイレントPush通知とは何ですか?

標準のPush通知が特定のアプリユーザーにメッセージを配信する際に使用されるのに対し、サイレントPush通知は、アプリ自体にメッセージを送信する際に使用されます。サイレントPush通知はユーザーに情報を表示することなく、アプリがバックグラウンドで情報を受信し処理します。

ユーザーはアプリのPush通知を無効にできますが、その場合にも、サイレントPush通知を送信できます。

AdjustはpushトークンとサイレントPush通知をどのように管理していますか?

PushトークンはApple (APNs) とGoogle (Firebase) により作成され、デバイスレベルでアプリに割り当てられます。各Pushトークンは、アプリとそれがインストールされている特定のデバイス固有のものです。Adjust SDKはPushトークンを収集し、データベースのストレージに送信します。

サイレントPush通知はAdjustのサーバーにより生成され、関連するPush通知サービスを介してアプリに送信されます。

iOSでは、APNで以下のペイロードを送信します。

{"aps":{"content-available":"1"},"adjust_purpose":"uninstall detection"}

Androidでは以下をFCMに送信し、FCMがこれをアプリに送信します。

{"to":"pushToken","data":{"adjust_purpose":"uninstall detection"}}

Adjustではどのくらいの頻度でアプリにサイレントPush通知を送信しますか?

Adjustでは、1日(UTC)に1回、サイレントPush通知を送信します。

アンインストールと再インストールの計測は管理画面にどのように表示されますか

管理画面に表示されるアンインストールと再インストールのKPIの詳細については、合計のKPIとコホートKPIのヘルプページをご覧ください。

リアトリビューションの再インストールとは何ですか?

Adjustは、再インストールをアプリ内イベントとして処理します。再インストールは、Adjustのアトリビューション法に影響を与えません。つまり、再インストールが自動的にリアトリビューションとみなされることはありません。再インストールセッションがアプリレベルまたはトラッカーレベルのリアトリビューション設定で設定した要件を満たしている場合にのみ、Adjustはユーザーをリアトリビュートし、リアトリビューションの再インストールをレポートします。

リアトリビューションの再インストールの例
リアトリビューション設定のデフォルトは次のとおりです。

  • 7日間の非アクティブ期間
  • 7日間のリアトリビューション期間

次のように行われます。

  1. ユーザーがアプリをアンインストールし、7日間アプリ内セッションをトリガーしない(アンインストール前の期間を含む場合がある)
  2. Adjustが計測しているリエンゲージメント広告をユーザーがクリックする
  3. エンゲージメントから7日以内に、ユーザーがアプリを再インストールしてセッションをトリガーする
  4. Adjustがリアトリビューションの再インストールを記録する

注:​ Adjustがリアトリビューションの再インストールを計測している場合、合計レポートにはリアトリビューションの再インストールおよびリアトリビューションの両方の集計データが含まれます。コールバックの受信を設定している場合は、リアトリビューションの再インストールのコールバックのみ受信します。

サンドボックス環境でテストされたアンインストールが管理画面に表示されないのはなぜですか

アンインストールイベントは、Adjust SDKが生成するものではありません。Appleプッシュ通知サービスまたはFirebaseからの応答時にAdjustのバックエンドで作成され、環境はproductionとしてハードコーディングされています。また、Adjustでは、最後のアクティビティがproduction環境で記録されたアプリのアンインストールのみを確認します。このため、サンドボックスモードでテストされたアンインストールイベントは、Adjust管理画面に表示されません。

Adjustからアンインストールおよび再インストールアクティビティを受信するには、どうすればよいですか?

アンインストール、再インストール、またはリアトリビューションの再インストールが行われた場合、AdjustのリアルタイムコールバックシステムまたはクラウドストレージへのCSVアップロードを通じて通知を受けることができます。

​ : アンインストールコールバックで使用できる広告IDは、{{idfa}}{{gps_adid}}{{oaid}}{{oaid_md5}}{{web_uuid}}です。アンインストールコールバックの文字列またはS3バケットのCSV定義に適切なIDプレースホルダーを含めて、システム内のその他の広告IDに値をマッピングできるようにしてください。

手順
Adjust管理画面

  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。

  2. その他の設定 (All Settings)​ > ローデータエクスポート (Raw Data Export)​ > リアルタイムコールバック (Real-Time Callbacks)​ を選択します。

  3. 次の横にある編集(鉛筆)アイコンを選択します。

    • グローバル
    • アンインストール
    • 再インストール
    • リアトリビューション_リインストール
  4. コールバックURLを入力して任意のキーと値のペアを追加すると、コールバックを通じて追加情報を受け取ることができます。アンインストールと再インストールの計測に直接関連するAdjustのプレースホルダーは、次のとおりです。

    • {time_to_uninstall}
    • {time_to_reinstall}
    • {uninstalled_at}
    • {reinstalled_at}
    • {last_session_time}

    使用可能な全てのAdjustプレースホルダーのリストをご覧ください。

  5. アップデート(UPDATE)​ を選択します。

クラウドストレージへのCSVアップロードの手順
Adjust管理画面で

  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。

  2. その他の設定(All Settings)​ > ローデータエキスポート(Raw Data Export)​ > CSVアップロード(CSV Upload)​ を選択します。

  3. エクスポートするイベント(Select Events for Export)​ を選択します。

  4. 次のいずれかを選択します。

    • アンインストール
    • 再インストール
    • リアトリビューション_リインストール
  5. CSVの定義(CSV DEFINITION)​ には、アンインストールと再インストールの計測に関連する次のプレースホルダを含めることができます。

    • {time_to_uninstall}
    • {time_to_reinstall}
    • {uninstalled_at}
    • {reinstalled_at}
    • {last_session_time}

    使用可能な全てのAdjustプレースホルダーのリストをご覧ください。

  6. 保存(SAVE)​ を選択します。